歯科医院に行って「歯の被せものは保険のものと自費のものがあります」「銀歯にしますか、セラミックにしますか?」と聞かれたことのある方も多いのではないかと思います。

基本的に銀歯は保険適応ですが、セラミックは自費診療になり値段もかなり違ってきます。
自費診療は高額なイメージがありますが、単に高額なだけでなく利点も沢山あります。セラミックを利用した治療は保険が効かないために保険診療と比べると高価になり、まだまだ敬遠されがちです。
そこで、それぞれの利点と欠点を把握して自身の今後の歯の健康に役立ててほしいと思います。さて銀歯とセラミックの違いはどのようなものがあげられるでしょうか。

【むし歯になりにくいセラミック】

歯にかぶせるセラミックは、銀歯と違って白く美しいですがそれ以外にも実はあまり知られていない多くの利点があるのです。
銀歯をかぶせると、銀歯の下がまたむし歯になってしまうことが非常に多いのに比べ、セラミックの詰め物をした場合は歯の中がむし歯になるリスクを最小限にすることができます。

銀歯自体、口の中で徐々に劣化し少しでも傷がつけば腐食してしまう上に銀歯と歯の境目にはプラークという細菌の集合体が非常に集まりやすいです。
銀歯は歯とセメントを介してくっついていますが、実はぴったりくっついているようで互いの凸凹同士でとまっているような状態です。
またセメントも劣化するため何年かすると銀歯の下がむし歯になっていたということはよくあります。
今では有能な合着セメントも多く開発されていますが、その多くは自費診療でのみ扱われ最低限の合着セメントが保険診療の場合使われます。

逆にセラミックは生体親和性が高くなじみやすい性質をもち、歯と強固に接着しているためセラミックの下がむし歯になるリスクが非常に低くなります。
また、セラミック自体汚れやプラークが付きにくいうえに接着セメントとの相性もいいのです。半永久的に色も不変で、アレルギーを起こしにくいのもセラミックの利点です。

【金属アレルギー】

最近では銀歯が原因の金属アレルギーの報告が増えてきています。昔、銀歯は安価で加工しやすく強度があるという理由で保険診療のために開発されました。
金と銀とパラジウムの合金で昔は金の含有量も25パーセントと高く比較的安定的な合金でしたが、現在では医療費圧迫の為12パーセントまで金の含有量が下がりもはや金合金と呼べる品ではなくなってきてしまいました。

口の中で銀歯は日々、熱いもの冷たいもの、咬合力、酸と過酷な環境におかれています。そのため傷がついたり、劣化した部分から、金属がイオンとなり体に蓄積されてしまうのです。
ある日蓄積された金属イオンが体全身の発疹となって、アレルギー症状を引き起こすこともあります。口の中のメタルフリーの重要性は現在すごく重要視され始めているのです。

逆にセラミックは金属を全く含まない安定な物資であるため、口腔内でも変化することなく安心な素材です。
最近ではかなり強度のあるジルコニアなどのセラミックも使われてブリッジもセラミックのみでの制作が可能になってきました。

【歯茎が下がりにくい】

大きくかぶる形の銀歯(以下クラウン)を入れると、そこの歯茎が下がってしまうことが良くあります。しかし、セラミックの場合は体とのなじみが非常にいい為、歯茎がさがりにくいという利点があります。

実は歯の治療は意外にお金がかかるもの。海外では歯の治療はかなり高額で、歯の民間の保険に入っている人も多いのです。
銀歯が口の中にあるのなら、毎年少しずつ歯の貯金をして1つずつセラミックに交換していくのもオススメ。自分へのクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントにブランドのお財布の代わりに今年は白い歯なんていかがでしょうか。



496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)