「デンタルケア」はしていますか。歯医者さんに行くのは虫歯になったときだけと言う人も多いと思います。「歯」も定期的なケアが必要なのです。いつまでも健康な歯でいるためにきちんと「デンタルケア」しておきましょう。


「8020運動」

「8020」という言葉が何を指しているのかお分かりですか。「8020運動」とは“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動です。平成元年、厚生省(現・厚生労働省)と 日本歯科医師会が提唱し、 自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。

なぜ、あえて8020という数字を掲げたのか、 その理由は…… 智歯(親知らず)を除く28本 の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられるからです。 つまり、 “高齢になっても20本以上自分の歯を保ちましょう” というのが、その主旨です。

おじいさんおばあさんになったら入れ歯と言うのは昔のお話。今は、きちんとケアをすれば80歳になっても自分の歯でものを食べる時代になったのです。それにはしっかりとしたケアが若い時から必要です。


「歯を失う原因」

歯を失う原因の約74%がむし歯と歯周病です。

「虫歯」について むし歯は、口の中の細菌や糖分の摂取、歯の質等の要因がからみ合って発生します。むし歯菌は、歯垢を住みかとしているので、毎日の歯みがきでしっかりと歯垢を取り除くことがむし歯の原因は歯垢(プラーク)です。この歯垢の中に含まれるむし歯菌が酸をつくり、この酸が歯のエナメル質を溶かしてむし歯をつくるのです。むし歯は適切な対策をすれば、確実に予防できる歯の病気です大切です。

「歯周病」この言葉も近年とてもよく聞くようになりました。歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気づいた時には手遅れということも少なくありません。また全身の健康とも関係があり、早めに予防・治療をしましょう。
歯と歯ぐきの境目に歯垢・歯石がたまると、その中にいる歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こします。さらに、免疫力が落ち、悪い生活習慣が加わると、歯ぐきの出血や腫れが続き、ついには歯が抜けてしまいます。

(出典:80歳になっても自分の歯を20本保とう)


「歯の定期検診」

歯とお口の健康をつくるために、歯医者さんでは歯科健診や歯科相談を行っています。また、むし歯や歯周病予防のための治療を行っています。どのような事をするのでしょうか。

・虫歯のチェック 
むし歯は、歯の噛む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。また、一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たなむし歯ができることもあります。専門的な立場からむし歯をチェックしてもらいましょう。


・歯ぐきのチェック 
歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。あなたの歯周ポケットの深さはどのくらいか、チェックしてもらいましょう。


・ブラッシング指導 
歯と歯ぐきの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。あなたに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を、歯医者さんに教わりましょう。


・歯垢の染出しチェック 
どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、歯垢の染め出しをしてもらいましょう。


・歯垢を取る 
できるだけ早く歯医者さんに歯垢を取り除いてもらいましょう。


・歯石を取る 
自分で取り除くことは困難ですので、定期的に歯医者さんに歯石を取り除いてもらいましょう。


・お口の中の粘膜の病気チェック 
お口の中や舌、唇、口角などの粘膜にできる炎症(口内炎)には、お口の中やその周りに原因があるものと、全身的な原因があるものとがあります。また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可能性もあります。普段からお口の中を清潔に保つとともに、定期的に歯医者さんでお口の中の粘膜の状態をチェックしてもらいましょう。



「歯の定期検診」

20~50才くらいの人であれば、3~5か月に1回程度が望ましいとされています。少なくとも1年に1回は行きましょう。歯石除去を入れずに定期検診のみの費用は保険適用内3割負担で3~4千円程度です。

「デンタルケア」の重要性はお若い頂けたと思います。体のことはやはり普段からケアをしておくことが大切とはしっていても「歯」についてはなかなか気が回らなかったりしますね。これを機会にぜひ「デンタルケア」にも心がけて「8020」を目指しましょう。


審美歯科【ホワイトニング東京】

0I9A350615032140wakaranai-thumb-815xauto-18998

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)