「セルフメディケーション」と言う言葉、何となく耳にしたことがあるけれど、よくわからない。と言う方多いと思います。平均寿命が長くなり生活習慣病などが問題になってきた現代において、日々いかに健康に生きるのかという事が大切になっています。


「セルフメディケーション」とは

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。


セルフメディケーションの効果

(1) 毎日の健康管理の習慣が身につく
(2) 医療や薬の知識が身につく
(3) 疾患により、医療機関で受診する手間と時間が省かれる
(4) 通院が減ることで、国民医療費の増加を防ぐ


「セルフメディケーション」ってどうしたらよいですか

具体的にはどのようにしたら良いのでしょうか。

私たち人間の体には、病気を予防したり、病気やけがなどから回復するための力=「自然治癒力」が備わっています。薬は体力を回復させたり、病気の原因を取り除いたり、症状をやわらげたりして、自然治癒力を助け、健康を取り戻すのに役立ちます。

1、日々の健康管理 当たり前のことですが、規則正しい生活を心がけることが大切です。日頃から健康管理をすることにより、健康的な生活を送ることができます。不規則な生活や食事、睡眠不足などを続けていると、抵抗力が落ち、風邪をひきやすくなったりします。また、自分のからだの状態を知っておくことが重要です。健康診断の結果に注目し、かかりつけ医に相談しながら生活習慣を見直します。家庭で体重や体脂肪、血圧などをチェックする機器を使い、自分の健康状態を確認し、健康管理の意識を高めていきましょう。

2、正しい知識を持ち、時には専門家を活用しましょう。 十分な知識を持たないままのセルフメディケーションでは、時には悪い結果を招いてしまう事もあります。的確な薬を正しく使用する知識が必要です。その為に薬剤師のアドバイスを受けることも必要です。かかりつけの薬局や薬剤師を決めておけば、自分の体質に合ったアドバイスを受けられます。自分ののんでいるくすりを正確に知り、副作用などの問題を防ぐためには、くすりの記録をつけるのもおすすめです。この記録は、医師や薬剤師にくすりの情報を伝えるときにも役立ちます。「お薬手帳」などを活用するのもいいですね。


「セルフメディケーション」の注意点

1、健康状態や市販薬の使い方について不安がある時は自己判断しない。
2、市販薬を使用する際には、薬剤師に自身の症状や体質をよく相談する。
3、市販薬を使用する際には添付の説明書をよく読み、用法・用量を守る。
4、正しい情報を入手し、正しい知識を身につける。わからない時には自己判断はせず、薬局の薬剤師などの指導を受けながら行いましょう。
5、サプリメントなどの健康食品は病気の治療を目的とするものではありません。病気の時は医師の診断を受け、正しい治療を行いましょう。

市販薬は、薬局・薬店で購入できる薬です。


「調剤薬局」を利用しましょう

調剤薬局では、自分自身で健康を管理するセルフメディケーションのサポートをしてくれます。自己判断に陥りがちなリスクを回避するためにも、薬剤師がしっかりサポートしてくれることで、より安全で効果的なセルフメディケーションにすることができます。

「セルフメディケーション」については何となくおわかり頂けましたか。忙しい女性だから「セルフメディケーション」をしっかりとして健康な毎日を送りたいものですね。私たち一人ひとりがセルフメディケーションを正しく行いことで日本全体の医療費を抑制することが出来ればこれほど良いことはありませんね。




女子19

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)