年末年始のお休みというのはあっという間。時間を大切に過ごしてきたはずなのに、気付いたら出勤日なんて方も多いのではないでしょうか。気持ちを切り替えて出勤とはいえ、簡単に仕事モードに戻すことって難しいですよね。そこで今回は、正月ボケを解消する方法についてお話していきたいと思います。

◆どうして正月ボケは起こるの?

正月ボケは生活リズムが崩れて起こります。生活が不規則になることで、元の生活になかなか慣れずにボーッとしてしまうのです。お正月というとごちそうを食べ過ぎたり、テレビの特番をダラダラ夜遅く見たり。日頃は忙しく働いている方でものんびりと過ごしていることでしょう。好き勝手している期間が長ければ長いほど、急に仕事モードに切り替えるのは難しいものですよね。

更には、今の時期というと日の出が遅く、明るくなるのが遅いため、気温が上がりにくいもの。そのため、朝は寒くて布団から出るのがやっとですよね。冬の気候も関係して正月ボケを悪化させます。

正月ボケを解消するためには

正月ボケを解消するためには、朝の一手間が大事になってきます。なかなか起きにくい休み明けの朝ですから、ちゃんと起きられただけでも自分を褒めてあげて良いと思います。

・カーテンを開けて太陽の光を浴びる

生活リズムを元に戻すためには、光を利用することが有効です。これは睡眠障害の治療に使われることがあるため、効果は抜群です。朝に30分ほど太陽の光を浴びるだけで、体が動く時間だ!と目覚めてくれます。

お部屋の日当たりの関係で難しい場合はタイマーの証明を利用すると良いでしょう。人口の光であっても明るさを感じるだけでも体は目覚めてくれるのです。起きなければいけない時間の30分前頃、部屋が明るくなるように設定してください。 

・朝シャワーを浴びる

朝起きてすぐに熱めのシャワーを浴びることで体を強制的に起こしてしましょう。シャワーやお風呂の眠気を覚ます効果って大きいですよね。ただし、風邪を引かないように室内の温度差を作らないようにしておきましょう。お部屋を温かくしてからシャワーを浴びましょう。

・軽くストレッチをする

体を大きく動かすというよりも、寝ながらでもできるストレッチをしてみましょう。手首や足首を回したり、握ったり開いたりするだけでも血行が良くなるためおすすめです。

また、深呼吸をするだけでもストレッチの効果はあります。体の姿勢を伸ばした状態で深呼吸し、ロングブレスを意識してみてください。これだけでも体はすっきりするはずです。

・初日から無理をしない

無理に正月ボケから抜けだそうとも体も頭も言うことを聞いてはくれません。初日から頑張ろうとはせず、50分仕事をしたら10分休むなど、仕事と休憩を取ることで効率的に作業が進むようにしてみましょう。

意外と時間はたくさんあってもダラダラとやっていては終わらないものですよね。切り替えを大切にして1日を過ごすことで、仕事モードに切り替えていきましょう。

お休みが楽しければ楽しかっただけ、仕事始めというのは辛いものですよね。とはいえ働かないわけにもいきませんから、上手に切り替えて今年も1年頑張っていきましょう!



C777_kotatumuri-thumb-1000xauto-14884

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)