女性は体が冷えやすく、冷え性に悩んでいる方がとても多くいると思います。酷くなると、洋服を何枚も重ね着をしても効果がなかったり、いつも冷たさを感じてしまうので、とてもつらいものです。また、冷え性を放置していると、特に婦人科系のトラブルが多くなる可能性が高いので、気をつけなくてはいけません。
今回は、なぜ冷え性が悪くて、どんな影響を及ぼすのか?ということを中心にお伝えしていきます。


冷え性のメカニズム(なぜ冷えるのか?)

冷え性の人は、手足が冷たくなると外側からいくら温めても、なかなか戻らなくてとてもつらいですよね?
通常は自律神経の体温調節機能が働くので、意識しなくても体温を一定に保つ事ができます。例えば、温度が下がり寒くなれば、毛穴を収縮させて熱を逃がさないようにしますし、逆に暑くなると汗をかいて体を冷やしているのです。冷え性の人はこの体温調節機能の働きが、なんらかの事情で低下してしまっているので、冷たいままの状態が続いてしまうという訳なのです。

<冷え性が起こる主な原因>

・冷たい飲み物や体を冷やす食べ物の摂りすぎ
・エアコンの温度が低すぎりたりして不自然な状態
・下着などで締め付けてしまい、血液循環が悪くなっている
・筋肉量の低下(加齢によるもの、女性)
・皮膚の面積が少ない(女性ややせすぎている人など)
・ホルモンバランスの乱れ
・低血圧
・貧血
・その他の病気がある場合

このような事が主な原因で自律神経を乱してしまい、全身の血液循環が悪くなります。すると血液が体の隅々まで届かなくなるので、手足が冷たく冷えたりするのです。


冷え性は女性にとって大敵です。

冷え性の原因からわかるように、男性に比べて女性の方が冷え性になりやすい要因を多く持っています。特に女性は筋肉量が少ないためになかなか、熱を作り出す事ができない上、毎月の生理があるので貧血にもなりやすく、冷え性になりやすいのです。
冷え性になることで、全身の血液循環が悪くなるだけではなく、流れている途中で冷えてしまいうっ血することもあります。特に女性は生理の際、骨盤内がこのような状態になりやすく、下腹部周辺に冷えを感じる事もあるのです。また、下半身や子宮が冷えてしまう事で、生理不順や生理痛を起こす原因にもなってしまいます。女性が体を冷やす事が良くないと言われるのはこのようなことからです。


◆冷え性を改善する方法

冷え性は毎日の生活習慣を変えていく事で、予防や改善ができます。できるだけ冷やさないための工夫をしてみてください。

・エアコンの温度調節に気をつける
・冷風などが直接当たらないように、ひざ掛けや靴下などを利用する
・水分が不足しないように、温かいのみものを適度に飲む(ハーブティがおすすめ)
・毎日少しずつでも運動やストレッチなどで体を動かす
・貧血にならないように気をつける(サプリメント、食事)
・体を温める食べ物を積極的に食べるようにする(あずき、かぼちゃ、さつまいも、ごま、ねぎ、しょうが、シナモン、ニンニクなど)
・衣類などで不自然に締め付ける
・お風呂に毎日つかり体をよく温める(半身浴がおすすめ)
・フットバスに入る(血行促進の効果のある精油を入れると良い、ジンジャー、シナモン、ローズマリーなど)
・漢方薬を飲む(当帰芍薬散/とうきしゃくやくさん、桂枝茯苓丸/けいしぶくりようがんなど)
・ツボ押しマッサージを行う(足のカカトにある失眠/しつみんというツボが効果的)


いかかでしたか?最近では若い男性でも冷え性に悩んでいる方もいるようです。不規則な食事や運動不足が原因なのかもしれませんね・・・冷え性は体の中と外からのケアがとても大切です。ぜひ毎日の生活習慣の中に取り入れてみてくださいね。




1e58cb911b3a43a28e2a74cbace80c88_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)