口臭、気になりますよね。自分でも気になりますし、周囲にも不快な思いをさせているんじゃないか? と心配にもなります。口臭の原因には虫歯や歯周病などが挙げられますが、その中に「便秘」も原因の一つになるんですよ。

●便秘と口臭の関係

どうして便秘になると口臭が起こるのでしょう?便秘が長く続くと、便が腸内に蓄積していくことになります。この蓄積された便は腸の中を汚し、便からは腐敗したガスや毒素などが出てくることになるのです。

腐敗したガス……聞いただけで臭そうですよね。この腐敗したガスや毒素は臭いの元になりますから、おならとして体外に排出されたり、腸から血液に吸収されたり、体の中を周り最後に肺から排出されることになります。この肺から排出されるのが口臭となって表れるのです。便秘が原因の口臭は、便やおならと同じニオイがしますから、かなり強いニオイになります。

●便秘からくる口臭の改善法

便秘からくる口臭は、どれだけ口の中のケアを行ったとしても改善することができません。当たり前ですね。だって、口腔内に原因があってニオイを発しているわけじゃないんですから。便秘からくる口臭は、便秘を改善しないとまったく改善はされませんよ。

便秘は、水分や食物繊維を多く含む食べ物を摂り、適度な運動を行うと改善できます。しかし、頑固な便秘の場合は、なかなかうまくいきません。そういう場合は、善玉菌が多いヨーグルトなどと一緒に食物繊維を摂るようにするといいでしょう。

運動は全身運動を行うようにしてください。もちろん毎日続けるようにしてくださいね。整腸作用があるサプリメントを活用するのもいいですね。

便秘は口臭だけではなく、体臭の原因にもなりますが、必ず口臭や体臭がするわけではありません。食生活に気を付け、生活環境をしっかりしていれば、多少の便秘でもニオイを発することはありませんからね。

●口臭を招きやすい悪習慣とは

ちなみに、便秘以外に口臭招く悪習慣はいくつかあります。まず虫歯。まあ、虫歯は口を臭くさせるのはわかりますね。後は歯周病です。これもまた当然な話です。虫歯も歯周病も歯医者に行くことで治りますから、行きましょう。

他には、慢性鼻炎などでも口臭が起こります。慢性鼻炎の場合は鼻呼吸ができず、どうしても呼吸をするときに口で呼吸をしてしまうものです。口呼吸をすると口臭が起こりやすくなります。口で呼吸をすると、唾液の分泌量が減り、細菌が溜まりやすくなるからです。鼻炎の場合は、耳鼻科に行って治療をするようにしましょう。

●さいごに

便秘やら口内環境の原因ではなく口臭がひどくなるのは、強いストレスなどもあります。緊張すると口の中が渇き唾液が少なくなり口臭が起こるのです。胃酸も逆流しますので、これもまた口臭の原因に繋がります。よくよく考えたら、口臭の原因っていっぱいありますね。

口の中をきれいにして、腸内環境も整えて、ストレスもあまり抱え込まない生活をする、これが重要なのかもしれませんね。また、緊張したときは口の中を潤すために、水分を摂りましょう。

口臭予防に効果があると言われているマウスウォッシュのアルコールタイプはオススメしません。アルコールタイプのマウスウォッシュは、ドライマウスを引き起こすことがありますからね。アルコールが入っていないものを使うようにしましょう。



2d6923921374d60c170648bf7ca69426_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)