歯並びが悪いだけで魅力は半減してしまいますよね。歯並びが悪くなるのは、日ごろのクセが関係している場合がありますので、今回は歯並びと日ごろのクセについてのご説明をさせていただきます。

●歯並びが悪い理由

・舌を突きだす

舌を前に突き出す、舌で歯を押すクセがある場合は、出っ歯になる可能性が高いです。

・下唇を上の前歯で咬む

下唇を上の前歯で咬むクセがあると、上の歯が出っ歯になり、下の歯は内側の方へ常に押されてしまい内側へ倒され、下の歯はガタガタの歯並びになってしまいます。

・口呼吸


口呼吸は出っ歯やガタガタの歯並びを引き起こします。上の歯のアーチが狭くなり歯の生える場所が少なくなってしまいますので、歯並びが悪くなるでしょう。

・上下唇を中に吸い込む

唇を舐めようとして唇を中へ吸い込むような動作がクセになっていると、反対咬合(下の歯が前に出る咬み合わせ)になりやすくなります。

・食べる時にあまり咬まない

歯並びは口の周りの筋肉と舌の力のかかる中間地点に作られますから、あまり噛む習慣がないと噛む筋肉や舌を使わないことになり、歯並びが狭くなってしまうでしょう。

・いつも同じ側で頬杖

同じ側で頬杖をつくと、いつお同じ側に力がかかってしまい、下あごがずれてきて左右非対称な歪んだ顔になってしまいます。歯だけではなく骨格も大幅に変形してしまうので注意してください。

・虫歯

歯並びと虫歯が大きな関係があるのは、言わなくてもわかるでしょう。虫歯は早めに治しましょう。

・舌小帯(ぜつしょうたい)が短い

舌小帯とは、舌の下側についているスジ状のもののことを言います。その部分が強固にくっついていて短い場合、舌がうまく前に出ないことになるでしょう。舌がうまく上の歯に届かず、上の歯並びの成長が起こりにくくなるため反対咬合になりやすくなります。

・上唇小帯(じょうしんしょうたい)が太い

上唇小帯は、上唇をめくるとある真ん中のスジのことです。これが太く、歯茎の下の方までがっちりついていると、上の真ん中の歯の間がスキっ歯になってしまいます。

・先天欠損(せんてんけっそん)

もともとある永久歯が備わっていない場合がありますが、この場合は、隙間の開いた歯並びになってしまうでしょう。

●歯並びの悪さを悪化させない方法

歯並びの悪さを悪化させないためには、口の周りの筋肉を強くすることが大切です。また、上記で述べたようなクセを直す必要があります。これらをちゃんとすることによって、歯並びを安定させることができるでしょう。

●さいごに

クセというのは、そのクセの内容によって体に悪い影響を与えてしまうこともあります。体の機能をきちんと正常に働かせたいのであれば、いらないクセを排除することが重要となります。クセは恐ろしいことにすぐに改善できるものではありませんから、自分にとってやっている癖をまずは書き出してみてください。クセを辞めた時、歯並びだって、おのずと正しい位置になってくることもあります。

口の周囲の筋肉と舌の使い方を学んで、きれいな歯並びにできるように努力していきましょう。あまりにもひどい歯並びの場合は、歯医者さんでの治療が必要になりますから、歯列矯正などの相談をするようにしてみてくださいね。歯列矯正はお金がかかりますから、予算なども考慮して決めてください。

目立たないマウスピース矯正インビザライン専門歯科医院

flower_plant_mouth

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)