寒い毎日が続きます。あちこちで風邪がはやっていますね。風邪の薬膳を作るにあたり、風邪のタイプによって内容が変わってきます。個々で誤った対処をすると、せっかくの薬膳料理が効果のないものになってしまいますので注意しましょう。また、風邪は早めの対応がとても大切。悪化しないためにも正しい対処方法で撃退しましょう。


◆ぞくぞく寒気の強いタイプ。

症状をみると、熱感よりも寒気が強いタイプです。とにかく冷えの症状が出ています。背中がぞくぞくとした寒気、身体、関節の節々が痛いのはこのタイプです。鼻水が透明でサラサラの場合は冷えが強いということ。鼻詰まりはむくんで塞がった感じがします。汗が出ないのもこのタイプの特徴です。

このタイプは身体を温性の食材で身体を温めるとともに、辛味の食材で身体の邪気を発散させるようにします。食材ではネギや生姜、紫蘇、シナモンなど。ネギや生姜を入れたスープやお粥など、温かく消化の良い調理法で身体を温めて汗を出せるようにしましょう。また、汗をかいてそのままにしていたら益々悪化しますので、こまめに汗をふく、着替える事をして、とにかく冷えないよう注意しましょう。


◆熱感の強いタイプ

症状は寒気よりも熱感が強く、発熱も高いタイプです。発熱は比較的高く、喉の腫れ、喉の渇き、鼻水が粘々黄色く詰まっている感じがするのはこのタイプです。
風邪をひくと身体を温める食材を摂らないと・・・と思いがちですが、このタイプは熱が強く、身体の中の水分が不足している状態。身体を温める食材を摂るとますます悪化することになります。この場合は身体の熱を冷ましてくれるような、寒性、涼性の食材を摂り、辛味のある食材で邪気を発散させます。白菜やお豆腐は身体の熱を冷ます効能があります。熱で食欲がない時にはスープにして飲むのも消化が良くていいですね。また、菊の花、ミント、緑茶もおすすめです。ブレンドティーにするととても飲みやすく熱を冷ましてくれますので、温かいお茶で失った水分を補給してください。

また、日ごろから疲れやすい、疲労気味、病後で体力がない・・という方の中に、よく風邪をひくという方がいらっしゃいます。中医学でいう『気』(エネルギー)が不足している状態。『気』の働きの中にはウィルスから体を守るバリア機能があり、『気』の不足により機能がうまく働かず、ウィルスが体に侵入しやすい状態になっています。その為風邪をひきやすく治りにくいのです。
この方はまず『気』(エネルギー)を補って元気をつける事です。『気』を補う食材はお米や南瓜、イモ類、豆類、キノコ類、肉類・・・とあります。が、これらの食材は具合の悪い時、元気が悪い時には食べたくないものが多いのも事実。よく火を通した温かい調理法にしましょう。やはりスープやお粥がおすすめですね。スープやお粥でも食べたくない、という時もあると思います。そんな時は無理をせず、まずは睡眠を優先にしてもよいかもしれません。また、無理に汗を出そうと頑張る事もしないでくださいね。汗と一緒に『気』も出てしまい、益々ぐったりしてしまうこともありますので。


と、ここまで書きましたが、風邪はひかない様に日ごろの養生がとても大切です。とにかく大切なのは睡眠です。ゴールデンタイムと言われる21時から午前3時の間の睡眠は疲れた体を回復してくれるだけでなく、頑張れる身体を作ってくれます。夜になると仕事や調べ物をしたくなる、溜めていた録画した映画やドラマが観たくなる気持ちを抑え、特に疲れた時は早めの睡眠を心がけましょう。スマホは質の良い睡眠の妨げになるといいます。早めに電源をオフにし、睡眠を最優先にしてくださいね。




e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)