女性の深刻なお悩み「冷え」。たくさん着こんだり、機能性下着を着てみたりと色々と工夫をしてみるものの根本的な解決にはなっていませんね。男性と違い、筋肉量の少ない女性はやはり「冷え」とは切っても切れないものがあるようですが、少しでも和らぐことが出来れば冬も少しは過ごしやすくなるのではありませんか。そんな「冷え」について調べてみました。


「冷え」は女性にとって大敵

成人女性の2人に1人は冷えに悩んでいるとのこと。確かに周りを見渡してみても「冷え症」の女性大勢いらっしゃいますよね。手足が冷えて、冬は靴下を履いて寝ているという人もよく聞きます。手足は特に冷えやすいところですが、一般的に年齢が若い人は手足が冷え、年を重ねていくうちに腰やお腹など中心部に冷えが移っていくと言われています。「冷え」は女性だから仕方ないと放っているあなた。「冷え」を侮ってはいけません。

主に体の自律神経の失調で起こる冷え。暑い時には汗をかいて熱を放出し、寒い時には筋肉を動かして熱を作ったり、毛細血管を収縮させて熱を逃がさないようにしたりしています。様々な要因に問自律神経のバランスが乱れると、血管の収縮などがうまくいかなくなり、冷たい外気にさらされたときに、体が熱をつくりだしたりできずに冷えと言う状態が生み出されてしまうのです。


「女性が冷えやすいわけ」

女性の方が男性よりも冷えやすいのには理由があります。体の構造が男性とは違っているので冷えやすくなっているのです。その理由は大きく2つあります。

●筋肉量が男性よりも少ない
筋肉運動による発熱や血流量が少ないので冷えやすくなっています。女性は男性に比べて筋肉が付きにくい構造になっているので余計に冷えやすいと言えます。さらにダイエットなどでエネルギーを制限しているために少ない筋肉がもっと減って、熱を作り出す能力がさらに落ちてしまうこともあります。

●月経・子宮・卵巣がある
女性には月経があります。月経の時には熱を運ぶ血液が多量に奪われるため冷えやすくなっています。又、女性の腹部には子宮や卵巣などの器官があります。その為腹部の血流が悪くなって熱が運ばれにくく冷えやすくなります。


「冷え対策」

冷えのタイプによって対策は様々ですが、当てはまりそうな対策をしてみましょう。

※筋肉が少ない人
筋肉量が少ない人はとにかく運動すること。特に太ももには大きな筋肉があります。下半身の強化は代謝アップへの近道です。まずはウォーキングから始めましょう。姿勢を正して、体幹を整えて歩くようにしましょう。出来れば30分くらい早歩きを続けると良いでしょう。

※薄着の人
オシャレなファッションも良いのですが、冷えを招いてしまうようなファッションは考え物です。それを続けていると代謝が悪くなって太ってしまう可能性もあります。なるべくならあまり露出したり、締め付けるような洋服を着るのは避けましょう。冷えに関しては薄着の時は腰やお腹に貼るタイプのカイロを貼ることで血流もよくなりますのでおススメです。

※血行不良
自律神経の乱れにより血流が悪くなっている人はお風呂に入ったときに温まるだけでなく自律神経のバランスも整えるようにします。湯船につかることで汗腺トレーニングも行えます。39度前後のぬるめのお湯に15~20分間半身浴をします。

※末端冷え
手足の先が冷えている人は、全身の循環の滞りにあります。足湯をして全身の循環が良くなるようにしましょう。


「自宅で出来る冷え性解消法」

●足指乾布摩擦
足の指の間を乾いた古い木綿の布で乾布摩擦。肌を痛めるといけないので、ベビーパウダーなどをはたいてから行いましょう。片足2分くらいが目安です。

●シャワーマッサージ
足指の先を熱いお湯と冷たい水を交互にかける方法です。熱い、冷たいの刺激が自律神経を鍛えて血行を自動的に調節できるようにしてくれます。


「食事について」

冷えは食事とも関係があります。食べ物には体を温める食べ物と冷やす食べ物があるのです。体を温める食べ物としては「根菜類」。人参、ゴボウ、レンコンなどが体を温めてくれます。体を冷やす食べ物は生野菜や果物類です。夏が旬の野菜などは冷やす食べ物が多いようです。冬は火を通した根菜類を食べることで体を温めることが出来ます。サラダはあまりお勧めできません。


「冷え」を感じるとなんとなく憂鬱ですね。何をするにも億劫になってしまいがちです。体にとっても冷えは良くありませんので、少しずつでも解消していかれるように努力しましょう。




winter-1127201_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)