女性の心と体をコントロールしている女性ホルモン。体調が悪い時に、バランスが崩れたのかな?などと考える事もよくあると思います。しかし、実際のところ女性ホルモンの事をあまり知らない方も多いのではないでしょうか?今回は私たちにとって、欠かす事ができない大切な、女性ホルモンについての基礎知識をしっかりとお伝えしていきます。


女性ホルモンとは?

ホルモンとは生命を維持するために欠かせない大切な物質で、体温や血液循環など体の機能を一定の状態に保つように調整する役目を持っています。また、生命活動のためのエネルギーを保持したり、成長、成熟、生殖のために働いており、体の様々な器官から分泌されているのです。生殖に関係するホルモンの場合、女性は卵巣から分泌されており、血液によって運ばれそれぞれ器官の働きを調整しています。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類あり、これらの働きで女性特有の体の機能(生理、妊娠、出産、女性らしい体つきなど)を調節しコントロールしているのです。


それぞれの女性ホルモンの特徴と働き

女性ホルモンは、生殖に関係する部分だけではなく、その他にもいろいろな働きがあります。

<卵胞ホルモン(エストロゲン)>
生理終了時から増え始めて、排卵時にピークになり、その後は減少していきまた増えるというサイクルをくり返しています。子宮内膜を増殖させて生理を起こしたり、排卵時には子宮の中の分泌物を増やし受胎しやすくなるための準備を整えます。また妊娠中に乳腺の発達を促したりする役目もあります。その他には、肌のハリや潤いを保ち、免疫機能を向上させたり、骨粗しょう症や動脈硬化の予防などの他、記憶力の低下を防ぎ、感情を安定させるなどの働きもあります。

<黄体ホルモン(プロゲステロン)>
排卵日の少し前から増え出し、排卵後に子宮内膜に受精卵が着床しやすくなるために働きかけます。また、妊娠が成立した後も胎盤ができあがるまで、分泌をつづけて妊娠に最適な子宮の状態を保つために働きます。しかし、妊娠が成立しなかった場合にのみ、約14日後に分泌が止まるので、不要となった子宮内膜がはがれ落ちます。これがいわゆる生理のしくみです。その他には、排卵後の体温の上昇や下降、乳腺の発育などにも働きかけます。


女性ホルモンの機能をサポートしているその他のホルモン

<卵胞刺激ホルモン(FSH)>
脳の下垂体から分泌されており、卵巣のなかの原始卵胞の成熟を助け卵胞ホルモンの分泌を促します。

<黄体化ホルモン(LH)>
こちらも脳の下垂体から分泌され、排卵を促すために働きます。排卵後には卵胞を黄体に変える役目があります。卵胞刺激ホルモンと協力し合いながら、排卵の手助けをしています。

<プロラクチン>
脳の下垂体から分泌され、乳腺細胞に働きかけて乳汁を作り出します。

<成長ホルモン>
睡眠中に脳の下垂体から分泌され、思春期までは骨や筋肉の成長を促し、思春期に入ると性的な成熟を促す役目があります。成人になると、分泌量は減少しますが、疲労回復、代謝アップなど健康維持には欠かせない働きがあります。

<hcgホルモン>
妊娠すると、子宮の中の絨毛から分泌されるので、市販の妊娠検査薬では尿中の量で妊娠しているかどうかを調べます。その他には、排卵を促す働きがあるため、不妊治療にも使用される場合があります。


いかかでしたか?このように女性に関係するホルモンは、たくさんの種類があり、どれひとつ欠かす事はできません。それぞれに大切な役割があるのです。女性の健康の為には欠かせない、大切なホルモンのバランスが崩れないように働きを知って気をつける事はとても大切な事ですね。




girl-97433_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)