南米産のスーパーフード、「キヌア」を知っていますか? 1993年にNASA専門誌が「1つの食材が人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」と述べて以来、NASAも注目するスーパーフードとして健康志向のセレブから注目を集め、日本では数年前からスーパーフードのひとつとして名前が挙げられるようになりました。

キアヌは「穀物」と呼ばれていますが、実は生物学的分類上は穀物ではありません。しかし、穀物のような見た目から「擬穀物」という分類に属し、一般的には「穀物」として扱われています。白米に混ぜて炊く五穀米などの雑穀米として使用されていることが多く、穀物との相性の良さは抜群です。

■キヌアがスーパーフードと呼ばれるわけ

キヌアの特徴として、第一に栄養価の高さがあげられます。キヌアは通常の精白米と比べ、2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、8倍の鉄を含み、リンやマグネシウなどの生態維持に必要なミネラルも豊富です。

また、体内で合成できず食事から摂取しなければならない必須アミノ酸もバランス良く含まれており、アミノ酸スコアは85/100。これは牛乳と同等のアミノ酸スコアです。キヌアの脂質はオリーブ油の主成分と同じオレイン酸など不飽和脂肪酸の割合が多く、良質な脂質です。更にキヌアは抗酸化作用のあるビタミンEを含有しているため、その効果で脂肪酸の酸化を防ぎ、良い状態のまま脂肪酸を摂取することができます。

■世界中の女性セレブに注目されている

キヌアは女性ホルモンと似た成分を含んでおり、ホルモンバランスの乱れや肌・髪トラブルにも効果的だといわれています。キヌアに含まれるビタミンB2・B6は皮膚トラブル働きかけるため、美肌作りに欠かすことができません。キヌアの美容効果が美容業界からも注目されており、ヘアケア用品やスキンケア化粧品にその抽出液が使われているほど。保湿効果があるため、髪や肌にうるおいを与えてくれると言われています。

また、キヌアは食物繊維も豊富で血糖値の急上昇を防いでくれるため、糖質が体脂肪に変わりにくく、代謝の促進や便秘解消作用によってダイエットにも効果を発揮します。白米と同じカロリーでもキヌアは糖質量が少ないため、糖質ダイエットにもぴったり。主食にキヌアを取り入れることで糖質量を減らし、栄養成分はしっかり補うことができ、食物繊維の効果で満腹感も得られるのでダイエットにうってつけの食品とも言えます。キヌアダイエットは海外セレブに人気で、3ヶ月で26kg痩せたという話もあります。

■キヌアの食べ方

キヌアはわずかに苦味を感じる方もいますが、基本的に味にクセがなく強い香りもありません。サラダ、お菓子、スープなど様々な料理に使え、プチプチとした食感も楽しめるので料理のアクセントにもなるのが嬉しい点でもあります。

ここでは基本となるキヌアの茹で方をご紹介します。決まった方法はなく、インターネットで検索すると他の茹で方も見ることができるのでご自身に合った調理法を探してみてください。

<キヌアの茹で方>

◎材料
・キヌア…1カップ
・水…2カップ
・食塩…適量

◎方法
①キヌアを洗います。お米を研ぐように、水を替えながら3回ほど洗いましょう。キヌアは粒子が細かいため、キメの細かいザルを使用してください。
②鍋にキヌア、水、塩を入れてフタをします。強火にかけ、沸騰したら弱火にしてから10~15分茹でます。
③キヌアが透明になり、芯が残っていなければ茹で上がりのサインなので、キヌアをザルにあげ、水気を切ります。 プチプチとした食感が残りますが、水気を切らずにフタをしたまま10分蒸らしておくとやわらかい食感に仕上がります。

<キヌアをお米と一緒に炊く方法>

キヌアを食卓に取り入れたいけれど、1品料理に使うにはなんだか難しい……と考えている方におすすめなのが、お米と一緒に炊いて食べる方法。筆者もこの方法でキヌアを摂っています。少し香りがあるため初めて食べるときは慣れないかもしれませんが、味も食感もほぼ気にすることなく食べることができます!

いつも通りにお米を研いで、浸水と共にキヌアを入れて一緒に炊くだけ。水は増やす必要がなく、米1合に対してキヌア大匙1くらいが食べやすい量かなと思います。雑穀米が好きな方はきっと気に入ると思いますよ。キヌアにはグルテンが入っていないため、小麦アレルギーの人でも安心して食べていただけます。

美容業界からも高い注目を集めているキヌア。皆さんも取り入れてみてはいかがですか?

【わたしとよりそうスムージー】

3dd1f79252e0ba2b272d141bccd174ef_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)