オリゴ糖が便秘に効くって知っていますか?便秘改善で最も重要な「善玉菌」を増やしてくれる食べものとして注目されているんです。


<便秘の腸の状態>

便秘になったから、腸の中は悪玉菌でいっぱいで「最悪」の状態。悪玉菌だけでなく、腸内細菌の7割を占める日和見菌も悪玉菌の味方となり、勢力がどんどん強くなってしまい、善玉菌の勢力は弱まり数も減っています。善玉菌の活動なしでは健康な便は作られず、腸内腐敗の進行も早くなり腸への負担はかなり大きく、便秘解消どころか体力低下や病気の心配も出てきます。便秘を解消するために、食物繊維や乳製品を積極的に摂り始めたのに効果がでないなんてことありませんか?どんなにお腹に良いと言われている食品を食べても、悪玉菌の勢力が強すぎて善玉菌が力負けしている状態の場合、効果はゼロに近いです。重要なのは善玉菌を増やすこと。


<理想的な腸内環境とは?>

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがありますか?腸内フローラとは、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを言います。私たちの腸の中には100兆匹以上、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が私達の美容や健康に様々な影響を及ぼしています。理想的な腸内フローラは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割の環境がつくられること。腸内細菌の7割を占める日和見菌は便秘のときは悪玉菌の味方となっていますが、腸内環境が整い善玉菌の味方となることにより便秘解消の相乗効果は高まります。


<オリゴ糖が便秘に効く理由>

腸内環境が整い細菌同士の互恵関係が構築されると、ビフィズス菌は増殖・発酵しながらオリゴ糖から乳酸や酢酸(さくさん)を作り出します。プラス味方になった日和見菌(バクテロイデス)は、食物繊維やガラクトオリゴ糖に含まれる乳糖を発酵させて酢酸や酪酸(らくさん)、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)を産出していきます。これらの有機酸が吸収され腸管細胞の代謝エネルギー源となって、ぜん動運動が促進されるということです。さらに、善玉菌が消費できなかったガラクトオリゴ糖は、水溶性食物繊維的な働きによって便を柔らかくしながら一緒に排泄されます。これは残便感の改善にも役立ちます。


<オリゴ糖 の効果的な食べ方>

オリゴ糖は、ビフィズス菌が大好きです。ビフィズス菌といえばヨーグルトですよね。オリゴ糖とビフィズス菌を一挙に腸に送り込むことで、美容と便秘の憎き大敵、悪玉菌を撃退することができます。ですから、できれば一日に一度ぐらいはヨーグルトとオリゴ糖を一緒に食べると効果も倍増します。胃酸に弱いビフィズス菌ですが、仮に腸に行き着くまで死滅してしまっても残骸は他の善玉菌のエサになります。そして、オリゴ糖もまた善玉菌のエサになります。お腹のためにヨーグルトだけを食べるよりもよほど効果がありますよ。オリゴ糖の1日の摂取量の目安は、5~8g。大体スプーン一杯分くらいですが、人によって適量は異なるので体調やお腹の調子などの様子を見つつ、増やしたり減らしたりしましょう。オリゴ糖は取り過ぎてしまうとお腹がゆるくなることもあるので、注意が必要です。一度にたくさん取るよりも、継続的にオリゴ糖を摂取することが大事なので、毎日コツコツと摂取するようにしましょう。また、オリゴ糖は薬ではないので、摂取するタイミングは決まっていません。コーヒーや紅茶に入れて飲んでも、ヨーグルトに入れても美味しく摂ることができます。どのタイミングで摂取するのが自分の生活リズムに合うのかを考えてみましょう。効果が出るでの時間も個人差があるので、焦らずに続けることが大切です。


便秘改善の方法として支持している人も多いオリゴ糖。薬ではなく食べもので調節できるという点も安心感があり、さらに多くの薬局やスーパーで手に入るのも嬉しいですよね。便秘に悩む方は1度試してみてはいかがですか?


スッキリ新理論3つのこだわり成分配合【ヴェーネデトシア】

girl-414378_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)