皆さんはおやつにどんなものを食べますか? 食後や仕事の合間など、つい甘いものが食べたくなりますよね。しかし、おやつの食べ過ぎは、肥満や肌荒れの原因になるので注意が必要です。わかってはいるけどやめられない! そんなあなたに、おすすめのおやつについてお伝えします♪

【フルーツ】

フルーツには、ビタミンやミネラル等の栄養成分、食物繊維が豊富に含まれています。おやつの定番の洋菓子や和菓子には砂糖・油・食品添加物が多く含まれています。しかし、フルーツは同じ甘いものですが、ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれるので、洋菓子や和菓子の代わりにフルーツを食べる方が美容と健康に良いと言えます。

カロリーも洋菓子や和菓子に比べ、フルーツは低いです。チョコレート2粒とみかん2つは同じくらいのカロリーなのです!同じカロリーなら、みかん2つを食べたほうが断然満足感がありますよね! また、フルーツは消化されやすいので、胃などに負担をかけずにすみます。

・バナナ

バナナにはビタミンB群やビタミンC、カロテン、鉄分、カリウムが豊富に含まれています。ビタミン類には美肌効果が、カリウムはむくみをとる働きがあります。また食物繊維も豊富なので、腸内環境を整え、便秘の解消や、美肌効果が期待できます。

また、バナナは安いし、皮をむくのも簡単なので、気軽に食べられますよね♪ 普段「フルーツは皮をむくのが面倒だから……」と避けている人は、バナナからはじめてみてはいかがでしょうか?

・りんご

りんごに含まれるポリフェノールには、強い抗酸化力があり、活性酸素から肌や身体を守ってくれるので、シミやシワなどの予防に効果抜群です! りんごを普段から食べている人は肌がキレイとのうわさも♪カリウムや食物繊維も豊富に含まれています。

・いちご

ビタミンCが豊富で、7~8粒食べれば一日の必要量を十分摂取できるほどです。抗酸化力も強いので、美肌・アンチエイジングに効果ありです!

・グレープフルーツ

こちらもビタミンCが豊富で半玉食べれば1日の必要量を摂取できます。カリウムや食物繊維も豊富です。デトックス効果も期待できます♪

美容と健康効果の高いフルーツですが、食べ過ぎてしまうと糖質の摂りすぎにつながるので、注意が必要です。フルーツを食べる量の1日の目安は、バナナなら1本、りんごは半玉、いちごは250gくらい、グレープフルーツは2/3玉、みかんは2個、キウイは1.5個がそれぞれの目安です。例えば1日にバナナとみかんを食べるのであれば、バナナ半分とみかん1個程度が良いということです。

【ドライフルーツ】

ドライフルーツにも、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。しかも、生のフルーツに比べ持ち運びが簡単なので、外出先などでつまむのにはもってこいです。ただし、乾燥している分、生のフルーツに比べカロリーが高いので食べ過ぎないようにしましょう。

ドライフルーツを買う際には、オイルや砂糖が使われていないものを選びましょう。中にはオイルや砂糖が大量に使われているものもあるため、そのようなものを食べると逆効果になってしまいます。ドライフルーツを無糖ヨーグルトに入れて食べるなどのアレンジをするのも良いですね♪

【ナッツ】

ナッツ類には、ビタミンEや食物繊維、鉄分、良質の脂肪が多く含まれます。アンチエイジングや腸内環境を整える作用が期待できます。ナッツを買う際には、塩分やオイルが添加されていない、素焼きタイプを選びましょう。塩分やオイルが添加されているいわゆるおつまみタイプは、余計な塩分や油分、添加物を摂ってしまうのでやめましょう。

以上のようなものを、普段食べている洋菓子や和菓子の代わりに食べれば、ビタミンや食物繊維など、お菓子には入っていない美容・健康成分が摂取できます♪しかし、食べ過ぎには注意しましょう。いくら体に良くても、食べ過ぎるとカロリーの摂りすぎに繋がるなど、体にとってマイナスになってしまいます。お菓子の代わりに適量食べることで、おやつを我慢することなく、美容と健康を手に入れましょう♪

飲んだその日のうちに、驚くほど出る!【爽快!どっとデルティー】

strawberries_red_fruit

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)