皆さんは、基礎体温をつけたことはありますか? 言葉は知っていても、婦人科系などに不調がないと測ったりすることは、なかなかないですよね。しかし、基礎体温は女性の体の不調が一目でわかるバロメーターなのです。日頃から習慣になっておくと、トラブルを未然に防ぐ事ができ、体調管理ができます。今回は基礎体温についての基本を詳しくお伝えしてきます。

基礎体温とは?

基礎体温とは、必要最低限のエネルギーしか使っていない状態の体温のことです。要は寝ている間の体温という事になります。しかし、眠っている間に体温を測る事はできませんので、朝起きてすぐのお布団の中にいる間に測り、その体温を基礎体温としているのです。

体温は男女とも、朝が一番低く夕方になるに従って高くなります。また、女性の場合は女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、脳の温熱中枢(体温を調節する中枢神経)を刺激し、体温を上昇させる働きがあるので、その作用によって変化します。

基礎体温から体の情報がわかる

成熟期の女性の場合、特徴として月経(生理)が始まると体温が下がり、低い時期が約2週間続きます。その後さらに体温が下がり排卵日が訪れ、次の月経が始まる直前まで体温が上昇するという、一定の周期があります。基礎体温をグラフにつけると、低温期と高温期の二相性を描くのがはっきりとわかり、くり返していきます。ただし温度差は0,5度程度なので、基礎体温を測るにはより細かな温度までわかるような体温計が必要なのです。

このように体温が二相性を描いている場合には、女性ホルモンがきちんと分泌されており、排卵も起こっている証拠となります。しかし、ホルモンの分泌異常や生理不順などで体調を崩している時には、基礎体温に乱れが生じるので、さまざまな体の変化がわかりバロメーターになるのです。

基礎体温の測り方

1、体温計は専用の婦人体温計を使用します。一般的なものよりも、体温計の目盛りが細かくなっています。

2、朝目が覚めたら、起き上がる前に布団の中ですぐに体温を測ります。できるだけ同じ時間に測るのが理想的ですが、続ける事が大切なので多少のズレは大丈夫です。また、起きた時にすぐ手に届く位置に、体温計を置いておきましょう。

3、体温表に記入します。婦人科でも基礎体温のグラフはもらえますし、薬局でも300-程度で販売しているようです。またインターネットでも無料ダウンロードして使用できるものもあります。グラフには体温だけではなく、気になる事や体調なども記入しておくと、何かあった時に役に立ちます。

基礎体温のチェックの仕方

・低温期と高温期に分かれない場合

低温期だけがいつまでも続いている場合や、低温期と高温期の二層に分かれずに小さなギザギザの状態の時には、月経は来ているのに排卵が行なわれていない場合か、卵巣機能の不全の可能性があるので、3カ月以上続く時には、婦人科へ受診しましょう。

・高温期が3週間以上続いている場合

妊娠している可能性が高くなります。しかし、この後に出血した場合は流産の兆候が考えられるので、早急に婦人科を受診する必要があります。

・高温期が短く凹凸があるグラフの場合

高温期が10日以下で、高温期のはずなのに凹凸のグラフになっている場合は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌異常により黄体機能不全の可能性が高く、放置していると不妊の原因になることもあるので、早めに婦人科へ受診することが大切です。特に、月経不順や月経困難症の人もこのようなグラフになりやすくなります。

いかかでしたか? 基礎体温の大切さはおわかりいただけたでしょうか。体調が悪い時にだけ測るものではないので、できれば毎朝の習慣にしたいものですね。特に生理不順の方や赤ちゃんを望まれる方には、ぜひ測って欲しいと思います。



dcb02858f6899d0008c4dd243d28e4bc_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)