少しずつ暖かさがでてきましたね。春から新生活をスタートさせる人もそうでない人も元気に充実した毎日を送っていらっしゃいっますでしょうか。春には旬のおススメのおいしい野菜、フルーツがたくさん出てきます。その中でも食べやすく、そして栄養価の高い美容にも良い女子力をアップさせてくれるものをピックアップして紹介していきます。

★いちご

いちごはフルーツの中でも比較的カロリーが低く、栄養価が高いものです。特に果物の中でビタミンCが豊富ななものがいちごなのです。10個ほど食べたら約100㎎を摂取することができます。これは1日のビタミンCの所要量なのです。ビタミンCといえば風邪予防ですね。

それだけではなくシミやそばかすからお肌を守ってくれる美肌効果など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。女性にうれしい美肌効果。積極的にたくさん食べましょう♪また他には食物繊維やカリウムも含みますので生活習慣病の予防にもなります。こういった効果のあるいちご。おいしい旬の時期にいっぱい食べたいフルーツですね。

【新鮮ないちごの選び方】

おいしいいちごは、とにかく鮮度にこだわりましょう! 表面にツヤがあり、色が真っ赤で鮮やかなものを選ぶようにしましょう。ヘタは青々としているものが新鮮な証拠です。葉がみずみずしくてしおれていないものを選びます。またパックで売っているいちごの場合は、パックの底の裏側のいちごをチェックしてみましょう。底の方のいちごにつぶれや傷みがないかを確認しましょう!

ビニールハウスで栽培が可能ないちごは1年中市場に出回っていますが、直接食べるものなのでなるべく無農薬の安心で旬のものを買うようにしたいですよね! また、いちごを洗うときはヘタを取らずに洗いましょう。そうするとビタミンCが喪失しにくくなります。また洗っても水っぽくならないのでおいしくいただけますよ!

いちごは生で食べるのが一番おいしいですが、傷みかけたものはジャムにすると良いですね。いちごは天然の甘味料であるキシリトールを含んでいます。ご存知の通りキシリトールは虫歯予防のガムにも多く使われている成分ですね。虫歯予防にも効果があります。虫歯の病原菌の成長を遅らせるはたらきがあるので虫歯予防になりますので子供とも安心して食べることができるフルーツなのです。

★ふきのとう

ふきのとうは春の訪れを告げる代表的な野菜です。ふきのとうは「ふきの芽」です。大きく成長したらふきになります。ふきのとうの「芽」には多くの栄養が含まれています。ふきよりもカリウムは2倍、B-カロテンは8倍の量が含まれているのです。すごく栄養価の高い芽の部分もしっかり食べたいですね。食物繊維も含む栄養のある野菜です。

・苦味と香り

ふきのとうには独特の苦さと香りがありますが、これはカリウムとポリフェノールの化合物であるクロロゲン酸によるものです。独特な香りですが、これも春の訪れを感じることができるものですよね。

・新鮮なふきのとうの選び方

葉に丸みがあってツヤがあるもので、芽の部分はつぼみの状態のものを選びましょう。つぼみが開ききっていない方が旨みもあります。茹でておひたしにする、天ぷらにしていただくのも香りも楽しめておいしくいただくことができます。

・自然の咳止め

昔からふきのとうは民間療法で使用されていました。咳止めやたん切り、また胃を丈夫にしてくれる効果があります。また体の中の毒を出す、とも言われています。

いかがでしたか。買い物をするときに頭の片隅に入れておけば、食事の献立につかってみよう!という気持ちにならないでしょうか。ぜひこういった栄養価の高いおいしい旬の素材を使っておいしい料理を作って健康に過ごして下さいね。

<大嶌屋のオススメ!>いま、旬のフルーツはこちら!

e8b2fc55eb63612d86eb9f1fa3ced39d_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)