小春日和と言えるような温かい日が少しずつ増えてきました。梅の花が咲いている地域もあり、桜も咲いて花見もいいですよね♪そんな楽しい春を花粉症や憂うつな気分になることや、頭痛、胃腸の調子を悪くするような不調に悩まされて過ごすなんてもったいないです。春の不調を改善して楽しい春を過ごすために気を付けてほしいことをお伝えします。

・春に多い体質「気虚」とは

東洋医学の栄養の吸収しにくい体質にあたります。まずは体質チェックしてみましょう!

〈体質チェック項目〉

□ 気力が無い、疲れやすい、いつも横になりたい
□ 呼吸が浅い、息切れしやすい
□ 汗をかきやすい、風邪をひきやすい
□ 下痢しやすい
□ 昼間から眠気がする(昼食後眠くなる)
□ 顔にツヤがない

生命エネルギーが乏しくなることにより、臓器機能が低下します。特に胃や腸に影響が出やすく、弱くなることで食べ物の消化吸収機能が低下します。食べ物の栄養吸収が良くないので免疫機能が低下したり、血液の質も低下したり、免疫の過剰反応を起こすため、風邪やアレルギーになりしやすくなります。そんな不調だらけの春にしないための生活の仕方をお伝えします。

・春は肝が肝心!

春は、冬眠から目が覚めた動物たちのように、体の内臓機能も冬の省エネモードから、フル稼働し始めます。特に肝臓が活発になる季節で、この肝臓の高ぶりを程よく抑え、胃腸の元気を取り戻すことが春を充実して過ごすことに大切とされています。

冬の寒さも和らぎ、陰と陽が入れ替わるこの季節。そんなときに体のだるさ、疲れ、目覚めが悪い、肌や髪の調子が良くないといった症状が現れやすいのです。東洋医学で春は、冬に溜まった毒素を解毒する為、肝臓が活発に働きはじめます。

基礎代謝も上昇しますので、ダイエットをするならこの時期が最適です。その時期の肝臓のケアを疎かにすると解毒がうまくいかなくなり、不調を招くことにつながります。それは、「お疲れ肝臓」の状態になっていることを指します。

肝臓は代謝解毒だけでなく栄養を貯蓄、分配する機能、いい血液を送り出す機能も備わっているので、肝臓の機能を正すことは、春にとてもいいことなのです。肝臓の機能が高ぶると、自律神経の不調が起きやすくなります。イライラやため息、頭痛、めまい、眠れない症状が現れます。これが五月病と言われる理由かもしれません。

他にも眼精疲労、爪につやがない、割れやすい不調が現れます。

・弱った胃腸に注意!

陽気が増して血液のめぐりが良くなる春は、肝臓の機能が高ぶりやすくなり、その結果、胃腸が弱くなり「ヘタレ胃腸」になりやすくなります。生ものや冷たいものを控えて、温かいものをいただいたりして内臓を温めるようにしましょう。白湯を飲むようにするなど、緑茶のカテキンで肝臓の調子を整えるのもいいでしょう。

他にも脂っこいものも肝臓、胃腸に負担をかけますので控えて、さっぱりしたものをいただきましょう。ニラ、小松菜、春菊のような緑の野菜は、肝臓の高ぶりを抑える働きがありますのでいただくことを意識してみましょう。適度な酸味として酢の物や梅和え、レモンの絞っていただいてもいいでしょう。

胃腸の機能を弱らせない為に、豆類、芋類をいただいて春の気を得るようにして胃腸を元気にしましょう。他にもにんじんやキャベツのような野菜の自然の甘みは、胃腸の働きを助けます。

・まとめ

いかがでしたか? 今年の春は肝臓を整えてしっかり体の中をデトックスして、自律神経を正すことで心の乱れをなくして、胃腸を気遣ってあげることで健康と美容の両方に効果がありますので、是非気をつけてみてくださいね。楽しい春をお過ごしください♪



spring_snowdrop_194800
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)