皆さんは薬を飲むとき、薬袋の用法の記載を確認していますか? 薬袋に「食前」「食後」など服用すべき時間が書いてあるのですが、きちんと見ていますか? この「服用時間」がとても大切なんです。薬それぞれの薬に「効果を最大限に引き出せだろう服用するタイミング」があります。そのタイミングは、食事との関係が深いのですが、意外に気にせず薬を服用している患者様が多いのも現実です。今回は、「薬の服用時間」について具体的にご説明します。

<薬の正しい服用時間>

・食前

食事の約30分前、空腹時なので薬が早く吸収されます。漢方薬、吐き気止め、制酸剤、消化管の運動を良くする薬などの効果が十分に発揮されます。  

・食直前

食事の5~10分前、お箸を持ったときが服用のタイミングです。糖尿病治療薬の中でも、糖の吸収阻害剤がこの用法です。

・食直後

食事の5分後、食後、箸を置いた時が服用のタイミングです。食事の中の油分で吸収が促進される脂溶性の薬などがそうです。空腹時に服用すると吸収が悪く、効果が十分得られないことがあります。 

・食後

食事の約30分後、多くの薬はこの用法です。胃が荒れにくいだけでなく、胃の血流が良くなり、薬の吸収がよくなります。胃を荒らしやすい解熱・鎮痛剤などは食後が適しています。

・食間

食事の約2時間後、つまり空腹時にあたります。空腹時のほうが吸収に良くなる漢方は食間も適します。

・就寝前

就寝の約30分前に睡眠薬や便秘薬は服用します。効果の現れ方には個人差がありますが特に睡眠薬は、服用したら床に就き、安静にする事で速やかに就寝できます。

・頓服

症状に応じその都度服用します。発熱時、疼痛時、不眠時、便秘時、発作時などに服用します。それぞれに指示が異なる事がありますので、指示に従いましょう。

以上が一般的に分類される服用時間ですが、正しくご存知でしたか? 服用時間を守る事が十分に薬の効果を引き出すことでもあり、同時に副作用を防ぐことにもなります。

<食事が不規則な人の薬の服用方法>

指示された薬の服用時間が分かっていても、患者様によっては指示された服用時間に服用できない場合があります。時折受ける質問なのですが、「朝食を食べないのですが」「食事が不規則なのですが」などのケースです。

食事を摂らない場合でも時間を決めて服用してください。1日2回の薬は、間を8時間以上、1日3回の薬なら間を4時間以上あけて服用してください。食事を取らずに薬を服用する場合は、少し多めの水で服用するようにしてください。

 

<指示された服用時間を守るべき薬>

・糖尿病の薬

食直前や食直後、食後など薬によって指示が違いますが、指示通りに服用しないと血糖値の上昇を抑えることができないばかりか、薬によっては低血糖などを起こしてしまうものもありますので、指示取りに服用することが大切です。

・骨粗鬆症のお薬

指示時間通りに服用しないと薬の効果が弱まったり、強くなったりする事があります。自己判断で服用時間を変更しないで下さい。

<薬を飲み忘れたときの対処法>

薬を飲み忘れた場合は、1日3回の薬なら次回の服用まで4時間以上あくようなら飲み忘れを思い出したときに服用してください。1日2回の薬は、次の薬の服用まで8時間以上あくのであれば服用してください。

しかし、1日1回の薬の服用を忘れた場合は、医師または、薬剤師に問い合わせることをお勧めします。なぜなら1日1回飲む薬の中には、朝や就寝前など服用時間の決まっているものがあります。例えば利尿剤などは、夜まで効いてしまうと就寝中にトイレに起きるなどを避けるため、朝飲みます。

またピルなどのホルモン剤は、薬の血中濃度を保つことが大事なので飲み忘れた時点で服用しますし、もしも、1日の服用を忘れた場合は、次の日に2錠一緒に服用し血中の濃度を保つようにします。このように、服用時間が薬の効果に大きく影響するものは服用時間を守ってください。

<分からないときは確認を>

薬の用法がよく分からない場合は、遠慮せず医師、薬剤師に相談し、よく理解したうえで服用して下さい。服用時間を守ることで十分に薬の効果が期待できますので医師・薬剤師の指示に従い薬の服用をしてください。

「AECスッキリウォーター」お試しセット!

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)