皆さんちゃんと眠れていますか?人間にとって睡眠はとても大事なものです。毎日起きてられる人なんて、考えられないですよね。身体の疲れを癒やすのも睡眠のおかげといっても過言ではありません。たまには、息抜きや勢いでオールで寝不足になってしまう事もありますよね。それはいいんですが、寝不足が続いたり睡眠不足になってしまっていませんか?そうなってしまうと、身体に負担をかけるだけでなく、脳にも影響を及ぼしてしまう可能性があるんです。今回は、睡眠不足による弊害を紹介したいと思います。


◆記憶力が低下する

ついさっきまで覚えていたことを忘れてしまいがちになっていませんか?これは、充分に脳を休ませることが出来ていない状態なので、脳に疲労が溜まってしまい上手く活動できなくなってしまうようです。脳を休めることはかなり重要で、集中力や思考力の低下にも繋がります。ケアレスミスが続いたり、仕事に集中出来なかったりとかなり物事がマイナスに進んで行ってしまいます。なるべく、睡眠不足であればその日は早めに寝て十分に脳を休ませてあげましょう。


◆肥満体になりやすくなる

人にもよるのかもしれませんが、睡眠不足になると少し過食になってしまいがちです。これは、寝不足によって満腹中枢にも影響が出てしまい食べても食べてもお腹がいっぱいにならなかったりと、食事にかなり影響が出てしまいます。そのせいで、いつの間にか短期間で太ってしまうということがあるようです。睡眠不足によって食事のバランスが崩れてしまうと、なかなか過食が直りにくくなってしまう事もあるそうなので気を付けましょう。


◆感情がコントロールしにくくなる

睡眠は人の感情にも影響があるようで、寝不足などが続いてしまうと人に強く当たってしまったり急に不安になってしまったりと、色々な感情が入り乱れてしまうようです。睡眠には、精神を安定させるという役割もあるようで、不足してしまうと感情にも影響が出てくるようです。また、ストレスも感じやすくなってしまい違ったストレスでの障害が出てきてしまう恐れもあるようです。精神疾患にもかかりやすくなってしまうので、うつ病のリスクも一気に上がってしまいますよ。


◆日常生活に支障が出る

寝不足が続いてしまうと、免疫力も低下してしまって病気になりやすくなる可能性もあります。免疫力が低下すると病気の治りも遅くなってしまったりと体調の管理が上手くできなくなってしまいます。また、急な眠気に襲われてしまったり、異常なほどの疲れが出てきたりと何もしていなくても心身共に疲労感に襲われてしまう事も。


睡眠は時間よりも質とも言いますよね。確かにその通りなのかもしれませんね。短い時間でもすっきり目覚める時もあるし、そういう時って寝ている感じが凄くしますよね。そういう質のいい睡眠をとるためには、まずはリラックスした状態を作ることや、体内時計を直すこと、ゆっくり睡眠をとれる環境を作るなどしていくと少しでもいい睡眠をとれると思いますよ。寝不足で最近体調やなんかいつもと違うという方は、質のいい睡眠をとれる環境を作ってみてはいかがでしょうか。




baby-1151346_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)