春になり、新人歓迎会やお花見、BBQなど楽しいイベントがたくさんありますね。暖かくて過ごしやすいのでつい食べ過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。春は色々と外出する機会が増えて外食することも多いでしょう。ですがこの時期、仕事や新しい環境での生活でストレスや疲れが蓄積され、お腹の調子が悪くなる他、肌荒れを起こす人もいます。

ご存知の通り、腸は体にとり入れた栄養を吸収し、そして老廃物の排出をする器官です。便秘がちな人やストレスがかかるとお腹が痛くなるなど、お腹をこわす人はいませんか。腸の環境を整えることで代謝が良くなり、美肌になって体調も良くなります。そこで今回は「腸活」について紹介します。

▲第2の脳

「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニン」の9割は、腸で生成されています。他の器官は脳からの指令で動いていますが、腸は自分で指令を出して動き、働いていることから「第2の脳」と呼ばれているのです。

腸の調子が悪くなり、便秘になると老廃物が溜まり、免疫力も落ちます。それが原因で肌荒れを起こしたり、代謝が悪くなったりするので体型に出たりします。毎日のお通じはとても大切なのです。毒素は体内に溜めないようにしましょう!

▲腸に悪い食べ物

腸の働きを悪くする食べ物はなるべく避けるようにしましょう。スナック菓子や唐揚げ、天ぷらなどの揚げ物などです。脂質の多い食べ物は消化に時間がかかってしまいます。外食が増えるとこういったものを口にすることが多くなるでしょう。どれもおいしいですが、摂りすぎには注意しましょう!

▲腸がよろこぶ食材

発酵食品は腸がよろこぶ食材です。漬物や納豆、味噌などです。これらは免疫力もアップしますし、お通じも良くしてくれます。また、ヨーグルトや大豆、わかめ、きのこ類も腸にとても良いと言われています。

そして食物繊維が多く含まれるゴボウやイモ類も腸の働きをサポートしてくれる野菜です。生野菜やフルーツには多くの酵素が含まれているので朝に食べると腸が快調になります。おうちでごはんを食べるときはぜひ意識してこれらのものを積極的に食べるようにしてみましょう!

お酒を飲む機会が多いかと思いますが、大量の飲酒は腸に負担がかかるので飲み過ぎないようにしたいですね。

▲腸をあたためる

腸は冷えると働きが悪くなります。冷え性が多い女性は特に要注意です。しょうがやにんにく、青魚や根菜などを積極的に摂り、体を中からしっかり温めるようにしましょう!そして毎日の入浴も大切です。シャワーで済ますのではなく、ゆっくりお湯に入って深く深呼吸し、温まってリラックスしましょう。その時にお腹のマッサージもおススメです。「の」の字をかくようにゆっくり刺激を与えてみてください。

真夏でもエアコンで体が冷えてしまいます。室内では腹巻きをする、靴下を履くなどして温かくするように心がけましょう。お腹の調子が悪いな、と感じたときはお腹や背中をカイロで温めるのもおススメです。

▲朝の腸活

朝起きたらコップ1杯の白湯を飲むと腸にやさしくて良いです。胃にものが入ると腸が動き出します。朝起きたら一番に白湯を飲むことで腸の働きを良くしてくれます。便秘の人にも良いのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか? 腸の調子が良いとお肌も美しくなります。お肌のコンディションが良いと心も軽くなり、メイクも楽しくなるでしょう。またお通じが良くなるとスリムなお腹まわりを維持できますね。毎日の生活習慣を少し変えることで腸がよろこび、体調も良くなっていきます。夏に向けて「腸活」をしておいしく食べながら美肌を保ち、スリムな美しいボディになりましょう!

エクオール配合【ノムダス】

f6fc314510aa17b56de01903b5a8f6cc_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)