皆さんは頭痛・生理痛・関節痛・腰痛など、痛みを緩和するために鎮痛薬を使われた経験がある方が少なくないかと思います。しかし、頭痛の時に、鎮痛薬を長期使用することによって、薬の使いすぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)が起こることがあります。この薬物乱用頭痛について薬剤師である筆者が、鎮痛薬による頭痛もあることを解説いたします。

◆薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛は、主に頭痛薬の飲み過ぎが原因で起こる頭痛です。頭痛のほとんどを占める片頭痛や緊張型頭痛に多く表れます。薬物乱用頭痛の予備軍の方の特徴は以下のような方々です。

・月に15日以上頭痛がある。
・頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
・朝起きたときから頭痛がする。
・頭痛薬が効かなくなってきた。
・薬を飲んだら、以前よりひどくなった。
・頭痛の程度、痛みの感じ方、場所が変化する。
・以前は月に数回、片頭痛があった。

◆メカニズムと治療法

ひどい頭痛をいくどか経験すると、頭痛への不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになります。これにより、飲む回数や量が増えていき、次第に脳が痛みに敏感になり頭痛の回数が増えていきます。最終的には、薬も効きにくくなってくるという悪循環に陥ってしまうのです。

治療法は、薬を2ヵ月間中止すること以外にございません。中止の反動で激しい頭痛や吐き気、嘔吐などが起こることがあるので、予防薬や原因薬剤以外の治療薬で対処しながら様子を見ましょう。最初の1~2週間はつらいですが、次第にもとの頭痛の症状に戻っていきます。

◆未然に防ぐためには

もし皆さんが、頭痛多いと感じるのであれば、頭痛ダイアリーを日ごろから付けておくことをオススメします。頭痛の程度や痛みの症状、服用した薬、その時の食事や行っていたことなどを日記のように記録しましょう。そこから、客観的に自分の頭痛の傾向を知ることができるようになります。頭痛で受診する際の参考にもなります。

頭痛以外の理由で鎮痛薬を服用したときにも、薬物乱用頭痛が起こる可能性はゼロではないです。薬の飲み過ぎには注意し、頭痛が長く続くようであれば、脳の血管の病気の可能性もあります。病院を受診することも視野に入れておきましょう。そして、どんな薬にも副作用のリスクがあることを忘れないように上手に使いましょう。

「AECスッキリウォーター」お試しセット!

e80d21af3fe0cbd2ebeebb6e9d76a564_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)