まだまだ人気に陰りが見られないジュースクレンズ。NY発祥のジュースクレンズ。最近では家庭でも作れるようなコールドプレス製法のジューサーが販売されています。その効果は果物を始めとする野菜などの食品の中に含まれる酵素を壊さないように作るため、酵素を効率よく摂取することができダイエット効果があると言われています。ところがいまハリウッドの有名人の中で流行っているのはジュースではなく、スープクレンズ。そのメリットと飲み方について注目してみましょう。


<スープクレンズ、その効果とは?>

ジュースクレンズのメリット、それは酵素を熱やミキサーによる摩擦で壊さずに作ることができるため効率よく摂取することができます。ところが、単純に冷たいジュースばかりを摂取することに女性であれば違和感を感じますよね。そこでスープクレンズです。やはりメリットとして挙げられるのは温かいこと。体を中から温めることができるので、朝食にも、クーラーがきいた部屋でのランチ、夕食などどのシチュエーションでもお薦めすることができます。

実は温かいスープや食べ物を摂るとリラックス効果があると言われています。つまり、リラックスすると優位にたつ副交感神経が働き、食べ過ぎを防ぐことができるのです。ただ一言温かいスープ、というだけですが、実は温かいという大事な効果が隠れているのです。ただし、この温かいということでジュースクレンズで得られる酵素は期待できません。酵素の多くは熱により破壊されてしまうため、スープクレンズでは期待できないのです。ところが、もう1つスープクレンズによるメリットとしてあげられるのが食物繊維です。もちろんジュースクレンズでも得られますが、スープは果物ではなく野菜を中心に作るためその食物繊維の含有量も果物に比べてもとても多いのです。そのため、食物繊維を摂ることにより、体内の排泄物をしっかりと出すことができ、むくみをはじめとする女性の悩みを解消することができます。

最後にカロリーについてもメリットとしてあげられます。先程も書いたように、ジュースクレンズは果物を中心に作るためどうしても果物に含まれる果糖を中心に摂ることになってしまいます。ところが、スープクレンズは果物ではなく、野菜を中心に作るため、糖分を最低限に抑えることができます。もちろん牛乳や生クリームを使う場合はプラスのカロリーも発生しますが、ジュースクレンズよりもレシピによっては低カロリーに抑えることができるのです。


<どんな風に飲んだらいいの?>

元々NYで発祥のクレンズCLEANSEダイエット。食事を100%フレッシュジュースに置き換え、軽食やアルコールなども控えます。もちろんスープクレンズにも同じことが言えますが、無理に3食とも変える必要はありません。体重は落ちないかもしれませんが、スープクレンズの場合は胃が疲れた時や風邪をひいていたり、体力が落ちてしまった後の回復食としても役立てることができるのです。

例えば、お酒を飲み過ぎたり、油っこいものばかりを食べ過ぎたりと最近の食生活に心当たりのある人は多いかもしれません。これらの反省にもスープクレンズは役立ちます。胃を休めるという意味でもスープクレンズはとても効果的です。胃を休めるといっても、何も食べない、飲まないでは体がもちませんが、スープであれば温かくて刺激も少なく、必要なビタミンや食物繊維などの栄養素を補給することもできます。

次に胃腸炎などで吐いてしまったり、下痢が続いた後など、多くは絶食により体内に残っている菌をまずは全部外に出すように指導されるかと思います。OS-1のような飲み物しか数日飲んでいなかった人にとって白いごはんにから揚げ、いくら優しいからといっておうどん、などはなかなか食べにくいかもしれません。そこでスープです。胃がしっかり動いてある程度体が食べることを思い出すまで、温かいスープで体内をリハビリしてみましょう。何食か続けて飲んで体調が回復してきたら少しずつ固形食を食べていくように心がけましょう。

また、体重を落としたいという効果を期待して行うスープクレンズは2日間という期間にしましょう。2日間、3食をスープに置き換えます。日頃食物繊維不足の人はお腹がすっきりした効果が得られる人も多いかもしれません。もちろん3食全部はスープに置き換えられない場合は1食だけでも構いません。また、間食としてお菓子を食べている人はそのお菓子をスープに置き換えても構いません。自分のできる範囲で置き換えるスケジュールを考えてみましょう。


これからの季節は暑くなっていくので、スープじゃちょっとと思うかもしれませんが、だからこそ中から温めることが大切なのです。暑いとどうしても冷たい飲み物に手が伸びたり、クーラーのきいている部屋で朝まで寝てしまって手足が冷たくなったりと、暑い季節の体調管理は実はとても難しいのです。
そこで、暑い季節にあえて温かいスープを飲んで汗をかくことで体温調節や新陳代謝を意識して自分の体調管理を行いたいですよね。また、ジュースクレンズとスープクレンズをミックスして行うのもありです。
例えば、朝はジュース、ランチはいつも通りで夜はスープ、など自分のスケジュールや作ることができる範囲内で行いましょう。大切なのは自分の体調が今どうなのか、ということをよく見極めることです。自分の体調をしっかり確認しながらクレンズで体調管理を行うようにしましょう。



leek-791815_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)