腸内環境を整えることは、あらゆる健康への近道として様々な方法で腸と細菌を気にした菌活も健康法を取り入れている方も少なくありません。そんな皆さんに、新たな菌活のヒントになる腸内細菌の環境改善機構をご紹介します。


■今までの菌活の改善機構

現在行われている菌活の内容として、よく知られているのがヨーグルトを食べる方法や、甘酒をいただく方法です。このヨーグルト・甘酒を摂取すると、腸内まで菌が届いて増えるというものです。腸内の有用菌の増殖を促し、有害菌の増殖を抑制し、その結果、健康に有利に働く乳酸菌、納豆菌、酪酸菌などの生菌が腸内で働くようにする「プロバイオティクス」が行われています。そこから少し発展し、菌を摂取するだけでは腸内が住める環境にない、増殖できる状態にないことが問題となり菌摂取が無駄になってしまうケースがありました。そこでオリゴ糖や食物繊維を同時に取ることで増殖しやすい餌を増やして、菌も増やそうというものです。これが「プレバイオティクス」です。


■新たな改善機構バイオジェニックス

菌を取り入れ、菌が住みやすくすることが今まで行われている菌活で、これによって腸内環境を改善してきました。バイオジェニックスとは、関連する食品を摂取することで直接、あるいは腸内環境を介して「免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節・生体防御・疾病予防・回復・老化制御などに働く食品成分」のことを指します。バイオジェニックスに関係ある成分として乳酸菌生産物質、生理活性ペプチド、植物性ポリフェノール、カロチノイド、DHA、ビタミンなどがあります。腸内細菌に関係なく作用して、腸の状態を良くすることから新たな腸内環境改善機構としての可能性があります。


腸は、第2の脳や体の免疫機構の7割を担っている大切な臓器です。腸に関連する下痢や便秘をなくし、腸がしっかり機能するような食事・ストレスの付き合い方のヒントになれば幸いです。




girl-414378_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)