「腸内フローラ」、聞いたことはあるけれど実際なんなのかよくわからない。そんな方もいらっしゃるかと思います。私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

「腸内フローラ」の様相、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うものです。また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。


◆腸内フローラを覗いてみると・・・

一般に腸内細菌は、その働きから3つに大きく分類されています。

①善玉菌(ヒトの体に有用な働きをする菌)
②悪玉菌(腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌)
③日和見(ひよりみ)菌(善玉とも悪玉ともいえない菌で、その時の優勢な方に味方して作用する菌)

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されていますが、逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。これらの有害物質が臭いオナラの原因になったり、もっとひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり癌をはじめとする、様々な生活習慣病の原因になることもあります。


◆「腸内フローラ」の理想的な状態は・・・

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割といわれます。「腸内フローラ」は常にこのバランスであることが望ましい、、、それは健康を望む人すべての願いですが、このバランスは、年齢や食生活、ストレスの状態などの影響により変化してきます。しかし、生活習慣や、ストレス、食生活等をすぐに改善するのも難しいのが実際のところでもあり、昨今では腸内環境を良好に保つために発酵食品がブームになったり、乳酸菌強化食品やサプリメント等も多く利用されています。


◆腸内フローラの3つの特徴

腸内フローラはヒトそれぞれ違います。人相・手相が異なるように、腸内フローラも、ヒトそれぞれです。善玉/悪玉/日和見菌の比率は、健康ならば、ある程度一定で、悪玉菌より善玉菌優勢で保たれています。これを菌叢バランスと呼びます。

・腸内はいつも陣取り合戦
棲み心地のよい腸内スペースでは、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げています。一方が増殖すれば、もう一方が抑えられるというように全体の数は定まっており、いつも腸内は陣取り合戦をしている状態といえます。様々な原因で菌叢バランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れてしまいます。

・ヒトと腸内細菌は、ギブ&テイクの共生関係にあります。
つまり、ヒトは腸内細菌に対して食と住を与え、腸内細菌はそれに対して様々な代謝物を作り出します。一般に、善玉菌は炭水化物などの糖を吸収して、乳酸・酪酸などの有機酸をつくりだし、これにより腸内を酸性にし悪玉菌の増殖を抑制します。また外敵菌の侵入を抑えたり、悪玉菌のつくりだす腐敗物質を分解・腸の蠕動(ぜんどう)運動(うんどう)を盛んにする・ビタミンB群など様々な物質をつくりだす等、ヒトの健康維持に貢献してくれます。


健康維持には、いつも腸内環境を正常にしておく―
つまり、善玉菌が優勢な『腸内フローラ』に整えることが大切です。そこで日頃から補っておきたいのが、善玉菌の代表<乳酸菌>。乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸をつくることで、悪玉菌の定着・増殖を防ぎ、おなかの不調を予防します。また、乳酸・酢酸には腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する、整腸作用があります。乳酸菌を摂ることで善玉菌が優勢な『腸内フローラ』を保ちましょう!




ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)