2016年4月の診療報酬改定でお薬手帳に関する要件が変わりました。国は、多くの方にお薬手帳を持ってきてもらえるよう、お薬手帳を持参した方の自己負担が安くなるという内容に改めたのです。今回は、その内容についてお話いたします。

<診療報酬改定とは?>

診療報酬とは、医療保険から医療機関に支払われる医療費のことをいいます。現在、医療機関で行われる全ての診療行為は点数が決められ、診療報酬は、点数で示され、1点は10円です。この診療報酬は「診療報酬改定」といって2年に1度見直されます。

この4月にその診療報酬改定が行われました。診療報酬改定により保険診療の内容や診療報酬(点数)が変わります。この4月の診療報酬改定でお薬手帳についての内容が変わりました。

<お薬手帳持参で自己負担が安くなる?>

以前の診療報酬では、お薬手帳を持たない場合は窓口負担額が20円安くなり、情報としても広く知られていたためお薬手帳不要の方が少なくないのが現状でした。しかし、今回の改定でお薬手帳の持参により窓口負担が安くなるようになりました。

お薬手帳の指導料は「薬剤服用歴管理指導料」と呼ばれているのですが、 改定後の薬剤服用歴管理料は50点または38点となりました。50点が加算される場合の窓口負担額が、3割負担の場合は150円、1割負担の場合は50円です。

38点が加算される場合の窓口負担額は、3割負担の場合は約110円、1割負担の場合は約40円 です。これにより、実際の窓口負担が、お薬手帳を持っている場合は3割負担の場合は40円、1割負担の場合は10円安くなるように変更されました。

<50点、38点となる条件は?>

【50点の場合】

・お薬手帳なしの患者
・初めての薬局にかかった場合(お薬手帳の持参は問わず)
・前回の来局から6カ月以上経過している場合(お薬手帳の持参は問わず)

【38点の場合】

・お薬手帳ありの患者で、前回の来局から6カ月以内に来局

<本来のお薬手帳の意義は?>

お薬手帳についての負担額についてご説明しましたが、本来は「お薬手帳の意義」についてもう一度、皆様に再確認していただきたいと思います。お薬手帳を持つことにより、以下のような情報が管理できます。

・服用・使用してきた薬歴
・利用した医療機関名
・血液型
・副作用歴
・アレルギー歴
・主な既往歴 など

また、薬局では、薬剤師は、患者の情報を正確に知るためにお薬手帳をチェックし、薬の重複や残薬がないかなどを確認しています。 重複処方や残薬があれば、医師に問い合わせし、処方内容の変更の提案などをします。 

<まとめ>

お薬手帳を持つことで自分の薬の管理もでき、不要な薬の処方などを防ぐことができます。また、災害時などでは、お薬手帳が役立つ場合がありますので、お薬手帳を持つことをお勧めいたします。


エクオール
cure-1006804_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)