最近はダイエットを意識するあまり、女性の筋肉量が減少して体から熱産生ができずにいる女性が多くいらっしゃいます。その結果、冷え性になり生理痛を含めた女性特有の不調へとつながっている方を見る機会が増えてきました。そんな夏でも冷房による冷え、冬場での冷え症性が強い女性の皆さんは、もしかすると「陽虚」の体質かもしれません。それでは陽虚の体質の特徴と養生法をお伝えいたします。

◆「陽虚」とは

体を温める陽の力が足りない状態を陽虚と言います。体が冷えやすいため、腰や関節に痛みを感じる、下痢をしやすいなどの症状があります。寒さに極端に弱く、冬になると不調になりがちで、寝ても疲れが取れません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくむ、尿の量が少ないといった症状も見られます。

〈体質診断〉
・寒さに弱い
・温かい食べ物、飲み物が好き
・夜尿症、トイレが近い
・下半身がむくむ
・寝ても疲れが取れず朝が弱い
顔色が青白い

◆養生法

陽虚体質の方には、とにかく体を温めるように作用する食べ物として、しょうが、シナモン、とうがらし、ねぎ、らっきょう、さくらんぼ、さば、うなぎ、鶏肉、黒砂糖、紅茶を取り入れてみましょう。夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物を控えるようにしてください。

また、服装にはいつも気を配りましょう。冬ならちょっとした外出でもマフラーと手袋を忘れずにすること。夏は、冷房がきいた場所と炎天下を行き来する度に、血のめぐりが悪くなる原因になるため、はおりものをバッグに忍ばせて、こまめに服装を調節することを心がけましょう。

特に、冷えがこもりやすい腰、足首、かかとは、どんな季節でもしっかりガードするようにしましょう。適度な運動で筋肉をつけるようにして、自分で熱を作れる体へ変えていきましょう。

いかがでしたか。この陽虚が悪化すると血液のめぐりが悪くなり以前紹介しました瘀血(おけつ)につながる可能性が強まります。そうしますと、冷え性からの女性特有の不調へとつながりますので、冷えを感じているうちに対処していきましょう。



be38136aa19f2d54c68c5a19c1a3671e_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)