本日、11月8日は11(いい)8(歯)の日です!美しい歯は笑った時に素敵だなと思う重要なポイントですし、健康的な証拠ですよね。

美しく、健康な歯を保つにはどうしたらよいのでしょうか?デンタルケアの方法を学んでいきましょう♪


◆健康で丈夫な歯を保つには

歳をとるにつれて歯が命と言われます。長く自分の歯で美味しいものを食べていきたいですよね。どうすれば健康な歯でいられるのでしょうか?

◎歯磨きを正しく行う
ポイント①毛先を歯の面に当てる
毛先を歯と歯茎の間に当てて磨きましょう。45度の角度で当てて磨くのがベストです!

ポイント②軽い力で動かす
150g~200gの力で磨きましょう。強く磨き過ぎると歯が削れてしまったり、毛先が広がって落ちにくくなります。

ポイント③小刻みに動かす
5mm~10mm幅を目安に動かし、1~2本ずつ磨きましょう。

◎歯を磨いた後に口をすすぎすぎない
歯磨きの後にすっきりするまで口をすすぐのは少しやりすぎかもしれません。歯磨き粉の成分のフッ素などの有効成分が流れて行ってしまいます。髪の毛のトリートメントほど神経質にならなくても大丈夫なようです。

woman-1696756_960_720


◆美しい白い歯を保つには

笑った時に輝く白い歯はいつまでも保ちたいですよね。どうすれば美しい白い歯を保てるのでしょうか?

◎着色汚れを防ぐ
歯のエナメル質の表面は「ペリクル」という薄い膜で覆われています。この膜に、紅茶やコーヒーに含まれるタンニンやタバコのヤニなどが付着してステイン(着色汚れ)になります。特にタバコのヤニは唾液中のカルシウムと結びつくと歯にくっつき黄ばみやくすみに繋がります。

食事の後30分以内に歯磨きをすることがとても大切です。習慣にしましょう♪

◎トゥースマニキュアって何?
歯を白く輝かせるための「歯のマニキュア」です。爪に使うマニキュアと同様に液体を塗ることで白くすることが出来ます。持続力はあまりないですが、歯の黄ばみに悩んでいる方にはおすすめです!


◆歯を保つことは、きれいな"舌"を保つこと!

歯を磨く時にやっておくべきことは"舌を磨く"ということです。やられている方が多いと思いますが、口臭予防、口内環境の改善にはとても効果的です!

清潔に保ってない舌には「舌苔(ぜったい)」という細菌の塊が溜まってしまい、口臭や細菌の温床になってしまいます。舌を歯ブラシであまり強くこすり過ぎないように磨いて清潔に保ちましょう。

gatag-00004525


◆さいごに

今日は自分の口内環境、歯を見直すのに最適な日です。健康な美しい歯を目指しましょう!

Let’s デンタルケアー!


参照元:クリニカ




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)