どのダイエットの効果を感じられない方、薄毛が気になる方、肌のエイジングサインが気になる方。もしかすると、活性酸素や有害金属等による「体のさび」が原因で、悩みが引き起こされているかもしれません。

金属が酸化してさびるように、体も酸化するとさびてしまうと言われており、さまざまな症状となって、体内外に問題を引き起こします。


◆老化をスピードアップさせる「体のさび」

同じ年齢でも若々しい人もいれば、老けて見える人もいるのは、体のさびが原因だと言われています。近年の老化に関する研究によると、「老化することは酸化することと同じ」と言われるほど、体をさびさせる「活性酸素」は老化をスピードアップさせます。

体のさびの原因となる活性酸素の作用を抑えることで、老化を抑制できると言われています。もともと活性酸素には、体内に侵入したウイルスや最近を退治する役割があります。しかし、必要以上に増えてしまうことで、健康な細胞まで酸化させてしまい、老化の引き金となるのです。


◆体のさびの原因となる「活性酸素」

体に活性酸素を発生させる原因は、呼吸だけではありません。その他の原因には、食生活、喫煙、大気汚染や紫外線、ストレスなどさまざまなものが考えられます。現代のライフスタイルでは、毎日を活性酸素のリスクと向き合って暮らしていると言っても過言ではありません。

私たちの体には、活性酸素を抑えるための抗酸化作用を持っていますが、年齢とともに衰えてしまうのが現状です。抗酸化作用のある食品やサプリメントを取り入れるとともに、合戦酸素を増やさない生活を心がけることも大切です。


◆さびどめのプロフェショナルが考案した「さびとり健康法」

さびとり健康法」の考案者である半井雅輝さんは、実は本職のメッキ職人で、金属のプロ、さびとりのプロです。

半井さん自身が三度目のダイエットに失敗した時、活性酵素の本に出会い、活性酸素=体のさびは、金属と同じようにさびを落とせるのではないか?という仮説を立てました。

その結果、半井さんは15キロ減量、育毛、中性脂肪の低下といった効果を上げています。

nakarai2
さびとり健康法」では、体内の活性酸素の量を減らすことを目的としています。健康法によって体質を改善していくことで、ダイエットだけでなく、薄毛やお肌のアンチエイジングなどの効果も期待できます。体内に溜め込んだ毒素や余分なものを体外に排出することによって、老化のリズムを遅らせます。



◆さいごに

この「さびとり健康法」は、考案者である半井さんによって本にもまとめられています。目次は、ダイエット編や長生き編、ストレス編など、自分の悩みの解決にたどり着きやすいようにジャンル分けされています。栄養素や病名などもわかりやすく書かれているため、健康本が初めての方でも読みやすい1冊になっています。

nakarai1
ぜひ皆さんも生活に「さびとり健康法」を取り入れて、さびのない体を目指してみませんか。何を試しても効果を感じられなかった経験がある方こそ、健康法を日々の暮らしに取り入れることで、無理なく体質改善することができるのではないでしょうか。


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)