体の冷えは女性にとって大敵ですよね。厚着をしても体の冷えが治らないなんてこともよくあります。

しかし、厚着をしなくても「ここを温めれば効率よく体が温まる!」という場所があるんです。

では体のどこを温めればよいのでしょうか?
また、そこを温めるとどのような効果が得られるのでしょうか?


◆お腹

お腹にはたくさんの臓器があるため温めると効果が大きいんです。しかし、お腹には他よりも多くの脂肪が付いています。脂肪は冷えやすく、皮下脂肪には毛細血管が少ないため冷えがなくなりにくいので要注意です。

脂肪が温められるとセルライトになりにくく、燃焼しやすくなるのでダイエットをしている方の強い味方になってくれます。内蔵が温められると基礎代謝、新陳代謝があがりお肌のトラブルも解消できます。


◆お尻

お尻にも脂肪が多く、筋肉が少ないので冷えやすい箇所です。特に女性は生理などによって体温がバラバラになりがちです。お尻の冷えは、腰や内臓の冷えにも繋がります。

お尻を温めることにより、腰痛の改善、生理痛の改善に効果があります。


◆首

首は皮膚が薄い上に、太い血管があります。血液が冷えやすく、それが全身を巡ることにより”全身の冷え”に繋がってしまいます。

マフラーやネックウォーマー、スヌードなどが人気なのも、おしゃれであること以上に体を温めるなど、理にかなっているからです。

また冷えだけでなく血流が改善されることにより、肩こりにも効果があります。寒いとどうしても肩が上がり、肩こりの原因になってしまいます。肩こりの予防にも、直すのにも良さそうですね。


◆手首

手首も皮膚が薄く、血管が出やすい箇所です。冷えやすい指先の近くですから、少しの冷えでもとても寒く感じてしまいます。

手首を温めれば、全身が冷えるのを防げ、手の末端まで温まります。


◆首・手首の温めるには話題の"テラヘルツ波"がおすすめ

下半身やお腹はレギンスとパンツを重ね履きしたり、腹巻したりと対策がしやすいですよね。しかし、マフラーや手袋はモコモコしすぎますし、仕事中などはできないことが多いです。

そこでおすすめなのが、今話題のテラヘルツ波を放つ「テラヘルツブレスレット&ネックレス」です。

618bf5241fe814f6e67dbdda8fa410af_main
1秒間に1兆回の振動が出ていて、 その振動で細胞が活性化します。そのおかげで体温が上昇したり、免疫力が上がったり、つけるだけで健康への効果が期待できるアクセサリーです。

akurisu2
代謝を高め、体幹を整えるため、ダイエットはもちろん、リフトアップ、顔のむくみなど美容への効果も期待できます。
アクセサリータイプなので目立たないのに金属製ではないため軽くてつけやすいです


◆さいごに

体全体を温めるには、上で述べたポイントを温めると効果的です。手首を回したり、階段を昇り降りするだけでも温まるので是非試してみてください。

また、お仕事中などでマフラーや手袋が使えない方は「テラヘルツブレスレット&ネックレス」を試してみてください!


akurisu1

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)