先日、アメリカの食品医薬品局がトランス脂肪酸の食品への添加を2018年6月以降原則禁止することと発表しました。
この頃よく耳にするトランス脂肪酸。アメリカで禁止する動きが出るほど体に悪いものなのでしょうか。また、どんな食品に含まれているのでしょうか。


<トランス脂肪酸とは?>

そもそも、トランス脂肪酸は微量を除き自然界に存在するものではなく、加工によって作られているものです。液体の油や魚油に水素を添加する技術により作られます。トランス脂肪酸はマーガリンやファットスプレッド、ショートニングなどに含まれています。そのため、マーガリンなどを使った菓子パンやケーキ、ドーナツにも含まれていることになります。トランス脂肪酸は摂らなければいけない栄養素ではありません。世界ではその摂取量は1日の総エネルギーの1%未満、つまり2g未満が目標とされています。ところが、その摂取量が多いと悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らし心臓病のリスクを高めることがわかっています。この調査結果は欧米人が対象となっているので、日本人にどの程度同じ影響があるのかはわかっていません。また日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量に関してもWHOの基準値よりも少ないことから、アメリカと同じように日本に当てはめることはできません。

<日本と世界のトランス脂肪酸についての違いとは?>

このように日本ではトランス脂肪酸の平均摂取量が0.3~0.6%と言われており、アメリカの2.6%とは比べようもないほどかけ離れています。ところが、日本人でも脂肪の摂取量が多い人はこの数字ももっと高いものと思われます。つまり、日本人の場合はトランス脂肪酸だけに着目せずに、全体の糖質、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンのバランスをとり、食生活指針を守ることが大切なようです。また、最近では日本の各企業でもトランス脂肪酸を軽減させる動きが出ています。ファストフード店やドーナツ、コンビニエンスストアなどでも、使用する油に含まれるトランス脂肪酸を抑えたり、ショートニングを使わないという動きが出ています。これらの動きがあるからと、たくさん食べてもいいというわけではありません。トランス脂肪酸に関しては0(ゼロ)でいいのです。現時点では心臓病に関するリスクしかわかっていませんが、今後ほかの生活習慣病との関わりもわかってくるかもしれません。気を付けるといっても、アメリカではトランス脂肪酸を表示する義務がありますが、日本では市販の製品に含まれているかどうか表示を見ただけではわかりません。その際には原材料を考えてみてください。菓子パン、ケーキ、ドーナツにはショートニングやマーガリンが必ず入っています。ということはトランス脂肪酸が少しは含まれているということです。揚げ物も油を吸収しますのでショートニングを使っていればトランス脂肪酸は含まれています。市販の揚げ物などが該当します。ところが、同じ油でも、魚油はどうでしょうか。ショートニングとは違って魚の油が含まれていますが、これはDHAやEPAといった不飽和脂肪酸と呼ばれる油です。これらの油は血液をサラサラにし、コレステロールを調節することができます。いわば、トランス脂肪酸とは逆の作用です。最近トランス脂肪酸を摂りすぎたなと感じたら同じ油でも魚から油を摂ることをお勧めします。

トランス脂肪酸のことが少しわかって頂けたでしょうか。日本では話題に上りにくいのですが、アメリカでは深刻な問題となっています。日本人はそんなに問題ないから、と毎日のように揚げ物やスナック菓子、ピザなどを食べていたらその限りではありません。ぜひこの機会に自分の食事を見直してみてください。おやつを洋菓子から和菓子にするだけでその量を減らすことができます。1日でも早く気を付ければその分リスクは低減できるのです。



b293d52ef53aeaddf3097932bddb351b_s

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)