美容業界のレーザー治療の広告をよく目にします。実は歯科治療にもレーザー治療がよく利用されます。
レーザーという言葉の響きから「怖い!」「痛そう!」などSF映画に出てくるようなレーザーを想像してしまい、そのような先入観のため避けていた方も多いかもしれません。導入していない歯科医院もあるためまだまだ一般化していないのかもしれません。
しかし、外科手術や薬品治療やその他の治療ではできなかったことや、効果があまり期待できなかったことでもレーザー治療で解決することがあります

今日はそんなレーザー治療を少しだけ興味もってもらえるようなお話です。


【レーザーの種類ってこんなにあるの!?】

実は“レーザー“と一言でまとめてしまうことは可能ですが、名前も種類も様々に存在します。
まずは虫歯を治療する目的のレーザー、顎関節の痛みを緩和するレーザー、歯石を除去するレーザー、知覚過敏などを修復する目的のレーザー、歯槽骨などを切るレーザー、歯周病やタバコのヤニなどが死肉に付着して変色をしてしまった箇所を治療するレーザー、口内炎を治療するレーザー、歯を切削するレーザーなど目的が様々です。目的も異なり、さらには出力するパワーやレーザーの光を構成するものも異なります。

【レーザー治療のメリットって?】

治療にもレーザーを利用するメリットがたくさんあります。
例えば、歯周病の治療や親知らずの抜歯などで歯ぐきの切開をする時がありますが、その際に出血をほとんどおさえながら治療を行うことが可能です。また正確な治療も期待できます。歯茎に炎症を起こしている場合は、レーザーの温度を高温にすることで組織を蒸発させて除去します。
痛みや腫れの緩和を期待できます。そのため患者さんにかかる負担や不安、不快感のストレスを緩和することが可能です。虫歯の治療には、従来ではタービンなど歯を削る器具を利用します。その際の振動や音などが痛みや精神的にもストレスになっていた患者さんもいます。いわゆる歯医者嫌いにつながったりします。

レーザーではそのような不快感が少ないため大きなメリットと言えます。また、麻酔が必要だった箇所の治療も麻酔無しで行うことも可能のケースもあります。
様々な種類がある為それを細かく使い分け、さらにはレーザーの種類の特異性を活かすことで効果がかなり期待できます。

【レーザー治療をうけるにあたって注意事項!】

しかし、メリットがあればデメリットもあります。レーザー治療は歯科治療において保険適用外のこともあることもあります。保険適用は治療や症状によりますので、歯科医院の先生とまずは相談するのがよいかと思います。
また、レーザーを治療や手術などで用いる場合はメスやその他器具で行うより時間がかかってしまうこともあります。

このように全てが万能というわけではありませんが、メリットが多い為症状によってはとてもおすすめの治療になります。


デートや合コンなどせっかくお化粧をして綺麗にしていても笑った時に歯列に不正咬合があったり、歯に虫歯があったり、歯ぐきの色が黒ずんでいたり、銀歯がみえたりするととてももったいないですよね。
口腔の悩みは気軽に歯医者の先生に相談してみるといいと思います。私の経験から患者さんで歯茎の色の悩みをもっておられる方のほとんどがレーザー治療などで、はぐきの色を綺麗なピンクになってよかったと言っています。

素敵な笑顔の口元美人をめざしましょう!





AI_IMG_7763-thumb-815xauto-14902
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)