肩幅が広くて悩んでいる女の子は意外と多いようです。華奢な女の子というのは男性からだけではなく、女性から見ても「可愛い!」「守ってあげたい!」って思いたくなりますよね。

逆に肩幅が広いと、体つきが大きく見えるので「太っている」ように思われます。また、か弱く見られないため、「頼もしい」とか「頑丈そう」とか、女の子のとっては全然嬉しくない印象を与えてしまいます。
本人にとっては辛くてしんどい状況の時でも、「お前は大丈夫だよな」なんて、男の子がまったく自分を気遣ってくれないことも・・・。

精神的にはかなりショックですよね。女の子らしい可愛い洋服を着てみたいと思っても、なかなか着れない、似合わないという悲しい現実もあります。
そんな「可愛らしい」「華奢な」女の子に憧れる「肩幅女子」の方は必見です。肩幅を狭くする方法をご紹介しちゃいます。


・まずは生活習慣の見直しから
肩幅が広がってしまうというのは、つまり肩関節が前方へせり出してしまう状態のことを言います。
肩関節が前方へせり出すと、肩関節の露出度が多くなり、肩甲骨からのはみ出し部分が増えてしまうため、本来の自分の肩幅より広くなってしまうのです。

重い荷物の入ったカバンを常に同じ側の肩に掛けていませんか?寝そべるときにいつも同じ側を下にして横になることが癖になっていませんか?
これらの動作は片側の肩関節への負担が増え、片側だけ肩幅が広くなってしまいます。

カバンならリュックなどの両肩掛けのものを使ったり、寝そべるときは、常に同じ向きにならないように気をつけましょう。長時間のパソコン操作も肩幅を広げてしまう原因となります。この「自分の前方で長時間の作業」をするということが、肩関節を前方に変位させてしまう大きな要因のひとつなのです。

パソコンを操作するときは、キーボードをできるだけ自分に近い位置において、腕を伸ばさずに肩の力を抜いて操作するように心がけてください。猫背の姿勢も良くありません。携帯、スマホを操作するときや本を読むときなど、知らず知らずに猫背になっていませんか?

猫背も肩関節を歪めてしまう要因となりますので、普段から背筋を伸ばすようにして肩甲骨を締めることを意識してください。
肩甲骨を締めると肩の骨が内側に寄るため、肩幅が狭くなるということになります。


・肩幅を狭くする簡単なエクササイズ
5分でできる簡単なストレッチ体操をご紹介します。

1、右腕の付け根を回しながら背中に腕をまわし、左腕の付け根を反対周りに回しながら背中へ。背面で両手を繋ぐようにします。
2、1の姿勢のまま、左右の肩甲骨を内側に寄せるように少しずつ両腕を上にあげます。そのまま30秒間キープしたら「気をつけ」の姿勢に戻します。
3、両肩をあげて5秒程度キープした後、下にストンと落とします。
4、手を合わせて合掌した状態で頭の上に腕を高く上げ、3秒程度キープしたらゆっくりと下ろします。
5、足幅を肩幅ぐらいに広げて四つん這いなり、肩甲骨を内側に入れるイメージでお尻をゆっくりとかかとに近づけます。数秒間キープしたらゆっくりと元の四つん這いの姿勢に戻します。
6、最後はリンパを流すマッサージ。右鎖骨のくぼみに左の手のひらをあて、肩から首筋方向に円を描きながら優しくマッサージします。左の鎖骨も同じようにしてください。「気持ち良い」と思える回数を目安におこないます。


・二の腕ダイエット
二の腕のダイエットも一緒にすることにより、肩周りがほっそりして肩幅を狭く見せてくれます。

1、両腕を前にまっすぐに出し、フルフルと振動させます。二の腕の肉が動くのを意識しながらやると良いです。
2、両腕を真横に伸ばして、手のひらを外側に向けます。後ろから前にかけて肩を回してください。
3、両腕を後ろに伸ばします。両腕を外側から内側へ30回ほど回転させます。

とっても簡単に見えますが、意外と効きますよ。

・さいごに
いかがでしたか?肩幅なんて生まれつきの体型なんだから狭くなるはずがない!と始めから諦めてはいけません。生活習慣の見直しや簡単なエクササイズで肩幅を狭くすることができるのです。

男の子が思わず抱きしめたくなるような「可愛らしい」「華奢な」女の子になれるよう、ぜひ参考にしてみてください





PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-815xauto-16092

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)