目サングラスをかける人も増えてきました。最近では子供でもかけていますよね。目の病気の予防だったり、紫外線対策だったりしますが、かけるサングラスに気を使っていますか?


● サングラスをかけることのメリット

では、サングラスをかけることによって得られるメリットは何でしょうか?

①日焼け
眼球から取り込んだ紫外線は、メラニンの増殖につながります。紫外線が目に入ると、脳が体の中に紫外線が入ったことを認識しますので、紫外線から体を守ろうとメラニンを作り出すことになります。

②目の病気を予防
目に紫外線が入るということとつながりますが、ホリが深くない日本人はどうしても紫外線が入りやすくなっています。顔の日焼けは避けても目の日焼けをさけないことで、目の病気につながってしまうんですよね。
ですからサングラスをかけて目の病気も予防するのです。

③光による目の疲れを予防
運動をしているときなどは強い刺激を長くあてられることになります。目はものを見るために常に開いていますので、多くの光を浴び続けることで目は疲れ疲労にもつながりますね。


サングラスをかけることのデメリット

真っ黒なサングラスを使用した場合、瞳が開いてしまい、余計に光を取り入れやすくなってしまうということと、サングラスの種類によっては、サングラスをかけたままでは液晶画面などがかなり見えづらくなることがあるということです。


● 多くのスポーツ選手が愛用する今までにないサングラス


今、多くのスポーツ選手などが愛用しているサングラスがあります。それは「オリジナルレンズ Fact」です。

オリジナルレンズ Fact」は、1948年に創業された金栄堂から販売され、OAKLEYを始めとしたスポーツアイウェア商品の提案、フォーナインズ、alain mikli、STARCKEYES(スタルクアイズ)などでファッションアイウェアを提案しているほどの老舗店舗。取扱商品全て国内正規代理店なので、より安心してつかうことができるということで、スポーツ選手だけじゃなく、芸能人から一般人まで幅広い層から支持を集めているサングラスでもあるのです。

さまざまなスポーツや競技の中で、度なし・度付きレンズを問わず目を確実に保護出来るアイウェアを展開していますし、目の疲れも予防できるように創られていますから、子供でも安心して使うことができますね。サングラスを着用すると、どうしても見え方に違和感があるということが多いのですが、数あるサングラスレンズの中で最も自然に見えると評判のこのFactは、見え方に違和感なく長時間かけていられるというのも特徴の一つとなるでしょう。

また、人間は安全な作業を行うために必要になるのが「感覚」です。このサングラスのレンズは一般的な可視光線という一般的な光の数値で作ったものではなく、視感透過率という私たちが感じる光の明るさの度合いを基準として作成したものとなりますので、Factレンズでもさまざまな濃さのレンズをかけても、裸眼に近い感覚で作業をすることが可能となっています。
子供から大人まで、さらにはスポーツ選手から圧倒的に支持されているということは、このサングラスの信頼度がわかりますよね。

当然のことながら度数入りのレンズを選ぶこともできますから、目が悪いからと言って、サングラスがかけられないと思わないでくださいね。度入りでも度なしでも、満足いただける商品ではないでしょうか。

今まで見え方が嫌だったという方はなおさら、ぜひ、一度お試しください。
きっとサングラスをなぜつけていなかったのか・・・と思うこと間違いなしですよ。


オリジナルレンズ Fact」が気になった方は下の画像をクリックして詳細をチェックしてみてください♪







(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)