夏が近づくたびに毎年、ダイエットを決意するけど続かない。 今年こそダイエットを続けて痩せたい!と意気込む女子に朗報です! 女性の体は、痩せやすい時期と痩せにくい時期があるので、時期に合わせたダイエットを行えば、効率よくダイエットができます。 今回は、生理周期に合わせたダイエットについてご紹介!

ダイエット成功のカギは生理のタイミング!

 

 

女性がダイエットでストレスをためず、効率よく成功させるためには、生理周期に合わせたダイエットを行うことが大事です。
女性には、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが働いています。
2つのホルモンは、生理周期に合わせてそれぞれ分泌量を変化させるのですが、ホルモンの働きによって痩せやすかったり、逆に太りやすくなるのです。

 

卵巣で作られる女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、心と身体に大きく影響を与えます。   このホルモンバランスが変化している約28日の生理周期は、ダイエットにも深く関係しているのです。

store.yoga-lava.com

 

・体を痩せ体質にシフトさせる「エストロゲン」

 

 

エストロゲンは生理後半から生理後に分泌が多くなるホルモンで、次の生理までのおよそ2週間分泌を続けます。
代謝を促進させ、老廃物の排出をスムーズにするため、ダイエット効果が出やすいと言われているホルモンです。
ダイエットだけではなく、肌の調子が良くなるのも生理後のエストロゲンの働きによるもの。
コラーゲンの生成をサポートしたり、皮脂の分泌量を調整して肌トラブルを防ぎ、肌ツヤのいい状態へと導きます。

 

エストロゲンの分泌が増えてくる生理後半頃からは精神的にも安定し、食欲もコントロールしやすくなります。エストロゲンの作用で新陳代謝も活発になり、余分な水分や老廃物を体の外へ排出しやすくなるため4つの期の中でダイエットに一番適した時期です。

www.skincare-univ.com

 

・栄養を蓄えて妊娠しやすい体質にシフトさせる「プロゲステロン」

 

 

生理前から生理中にかけ、分泌量が増えるのがプロゲステロン。
妊娠のために食べたものの栄養や水分を蓄える働きがあるため、食べたものが脂肪として蓄えられやすいという欠点があります。
また、ストレスに敏感になったり、不安を感じやすくなったりなど、メンタル面にも影響を与える少々厄介なホルモンです。

 

プロゲステロンには妊娠に備えて水分や脂肪を蓄える働きがあり、食べた物が脂肪に変わりやすい時期です。また、代謝や血行が悪くなりやすいので体のむくみや冷え症になりやすく、ストレスも感じやすい時期なので、無理にダイエットをしてもあまり効果は期待できません。

www.skincare-univ.com

 

生理前は食事中心のダイエット

 

・無理な食事制限はせず、野菜やたんぱく質を多めに摂ろう
 

 

プロゲステロンの分泌が増え始める生理前は、無理な食事制限をするとストレスがたまり、挫折してドカ食いをする原因になります。
生理前は、無理に食事を減らすのではなく、栄養豊富でヘルシーな野菜やたんぱく質を中心にした献立にしましょう。
糖質が多い炭水化物も、無理に減らさず、食べる順番の最後にすると食べ過ぎを防げるので、無理なく量を減らせます。

 

・体を冷やさないようにホットドリンクを飲んで代謝アップ!

 

プロゲステロンの働きで、結構や代謝が悪くなりやすい生理前は、ホットドリンクや温かいスープを飲み、体を内側から温めるようにしましょう。

 

生理中はダイエットよりリラックスすることが大事

 

・ストレッチで体をほぐして代謝促進
 

 

生理中は激しい運動ではなく、ストレッチのようなゆっくり体に負担をかけない運動がオススメ。
ストレッチは、筋肉をほぐして血行をスムーズにするので、血行不良によるむくみ予防にぴったり!

 

・寝る前のリラックスタイムでストレスケア
 

 

生理中は特にメンタルが不安定になりがち。
不安定なメンタルのままでは、ドカ食いをしたり、ダイエットのストレスを感じたりなど、ネガティブな影響が出やすいので要注意です。
ストレス対策に、寝る前にアロマグッズを使用しましょう。
心を落ち着かせるラベンダーやジャスミンなどの香りで、リラックスして眠れます。

 

ラベンダーは心の中核を支える働きがあります。感情の全体のバランスをとってくれ、心を落ち着かせてくれます。また、溜まってしまった感情を解き放つ作用もあります。押し殺して行き場のなくなった感情を解消してくれます。

www.timeless-edition.com

 

痩せやすい期間の生理後は集中的にダイエット

 

・アクティブにダイエット!有酸素運動で集中的に脂肪燃焼

 

 

生理後はエストロゲンの分泌が増え、代謝が促進する痩せやすい時期。
気持ちも前向きになりやすいので、ダイエットのモチベーションも高まります。
ダイエットにぴったりの生理後は、脂肪燃焼にいい有酸素運動を定期的に行いましょう。
有酸素運動は、ウォーキングやランニング、水泳、ヨガなど。
さらに、有酸素運動に合わせて、スクワットなどエクササイズも行うと、より効果的にシェイプアップができます。

 

エストロゲンの量が増える痩せやすい時期は、体が妊娠の準備に向けて脂肪を小さくする働きが行われます。筋肉を鍛えれば脂肪燃焼を高めてくれるので、少し息が上がる程度の運動がおすすめ!

store.yoga-lava.com

 

・食事制限もいつもより少し頑張ってみて

 

 

気持ちが安定し、ストレスも溜まりにくい生理後は、食事制限に力を入れやすい時期です。
いつもよりご飯の量を減らしたり、ダイエット食材中心のヘルシーな献立にするなど、他の時期よりも集中的に食事制限を行ってみましょう。
有酸素運動を取り入れる時期なので、筋肉をサポートするたんぱく質は積極的に摂ってくださいね。

 


ダイエットをしようと決めたら、まず自分の生理周期を把握することが大切!
日頃から生理が始まった日と終わった日を手帳のカレンダーにメモしておくと、生理周期が把握しやすいですよ。
痩せやすい時期と痩せにくい時期を理解すれば、ダイエットによるストレスも防げますし、ダイエット効果を実感しやすくなるでしょう。

 

関連記事

・一日何リットルがいいの?…ほんとに痩せる水の飲みかた

・コーヒーを飲むだけ!?めんどくさがり屋さんでもできるコーヒーダイエット♡

・この夏は自信を持って足見せ出来る!おすすめ足痩せダイエット法♡