ダイエット中は控えたい炭水化物。 特に糖質制限中であれば、ご飯やパンなどは絶対避けたいところです。 炭水化物の代わりにお肉や野菜をたくさん食べても、なんだか物足りない感じがして、結局食後にデザートを食べてしまったり、悪循環……。 そんなあなたにオススメしたいのが、「冷やご飯ダイエット」! 白米はだめだけど、冷やご飯なら大丈夫!?

炭水化物はダイエットの大敵!? 食べちゃいけないその理由は?

 

 

ご飯やパン、ラーメンなどの麺類にイモ類……。 糖質と食物繊維からできている炭水化物は、体内でブドウ糖に分解されます。ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギー源であり、また小腸で吸収されるとグリコーゲンとして肝臓に貯められます。 エネルギーを使うと血糖値が下がりますが、血糖値を一定に保つために肝臓から放出されるのがグリコーゲンです。

 

このように、体内で重要な働きをする炭水化物ですが、ご飯やパンなどは血糖値を上げやすく、肥満の原因になりやすいのが玉にキズ。

 

血糖値が上昇すると、ホルモンの一種であるインスリンが分泌され、血液中の糖をエネルギーに変換するのですが、このとき余ったものが全て中性脂肪に変わってしまいます。 炭水化物を取りすぎると太ってしまうのはこのためです。

 

白米はNGなのに冷やご飯はOK!? 「冷やご飯ダイエット」の仕組みとは?

 

 

炭水化物の食べ過ぎは肥満の原因となることがわかりました。 けれど炭水化物が好きな方にとって、毎日炭水化物を抜くことは至難の業…。

 

そこでオススメしたいのが「冷やご飯ダイエット」! 文字通り、炊きたてではなく冷えたご飯を食べることがダイエットに繋がるんです。

 

お米は炊く前、「難消化性デンプン」という、消化がされにくい状態になっています。これが炊かれると消化されやすい状態に変化するのですが、ご飯が冷めると再び「難消化性デンプン」の状態に戻ります。

 

つまり、食べても吸収されにくい=ダイエットになるという仕組み◎ カロリー面でも違いは歴然です。 通常のご飯がお茶碗一杯(150g)=約250kcalのところ、冷やご飯なら約230kcalとなっており、やはり冷やご飯のほうがダイエット向きであることがわかります。

 

ダイエットの救世主! 冷やご飯ダイエットの方法!

 

 

通常の白米よりもカロリーが低く、吸収されにくい冷や飯。 炭水化物が大好きな方にとっては、ダイエット中の救世主と言えそうです。 冷やご飯ダイエットをするには、いつもの温かいご飯を冷やご飯に代えるだけでOK☆

 

ただ、カロリーが抑えられているからと言って食べ過ぎは禁物です。 オススメは、お茶碗一杯分(150g)をおにぎりにしてしまうこと! 炊きたてのご飯をお茶碗一杯分に分けて冷蔵庫に保存しておけば、いつでも冷やご飯を食べることができますし、おにぎりにすればおかわりができないため、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

オフィスや学校で、気軽に冷やご飯ダイエットに挑戦してみてください♪ 

 

炭水化物が大好きな人にとって、ダイエット中の炭水化物制限はなかなか苦しいもの。 そこで救世主となるのが、冷やご飯ダイエットです。 いつもの白米よりもカロリーが低く、吸収されにくい冷やご飯を取り入れて、ストレスないダイエット生活を送りましょう☆

 

関連記事

・ダイエットの成功の伴は「高タンパクテーカロリー」!簡単レシピ3選

・糖質は制限せずに"選択"せよ!『果物のずるい食べ方』とは?

・ダイエットは朝から初めて効率的に♪おすすめ朝食メニューはコレ!