「運動をしても食事制限をしても痩せない!」そんな経験のあるミドル世代も多いのではないでしょうか。なかなか痩せないのは基礎代謝の低下が原因です。基礎代謝量をアップさせ、ミドル世代でも痩せやすい身体を作っていきましょう!ミドル世代必見の身体作りの新習慣をご紹介致します!

1.基礎代謝量を増加させるには?

 


「若い頃と運動量も変わっていないのに、どんどん太ってきてしまった」という経験がある方もいるはずです。

 

その原因は基礎代謝量が低下しているから。

 

基礎代謝量は年齢と共に低下します。基礎代謝を上げる習慣を取り入れることが、太りにくい体質へと改善するためのポイントです。

 

基礎代謝量は血流改善・体温上昇・内臓機能力向上。そしてストレスにも強くなることでアップさせることができますよ!普段の生活から基礎代謝量を上げる習慣を取り入れていきましょう。

 

2.食べ過ぎない・飲みすぎない

 


食べ過ぎ・飲み過ぎは内臓に負担をかける原因となります。

食事は腹八分目が基本!

 

塩分・油分の取り過ぎにも注意し、高タンパク・低脂肪の食事を心がけていきましょう。

できればインスタント系の食事や、ハム・ウインナーなどの加工食品も減らせるといいですね!

 

野菜・果物・肉・野菜をバランス良く取り入れ、規則正しい食生活を送ることが基礎代謝量アップにつながります。

 

3.身体を冷やさない努力をする

 

 

身体の「冷え」は、基礎代謝量の低下を促進させます。

 

暑い夏は特に冷たいものばかりを飲んだり、食べたりしすぎてしまいますよね。

内臓を冷やさないためにも、冷たい物の取り過ぎには注意し、夏でもシャワーだけでなく、きちんと湯船につかりましょう。

 

エアコンの温度の下げ過ぎにも要注意!

省エネ温度28度を守り、夏でも冷やさない習慣を取り入れてみてください。

 

4.毎日のストレッチで筋力・体力・柔軟性アップ

 


若い頃は通勤時の運動だけで痩せられていたかもしれません。

ミドル世代になってもその体型を維持していきたいなら、毎日のストレッチをプラスしてください。

ストレッチの内容は簡単なものでOK!

 

スクワットや腕を大きく伸ばし背伸び運動をするのもストレッチの一種です。

身体全体を動かす運動を習慣にしてみてくださいね♪

 

5.ポジティブ思考でストレスに負けない!

 


ストレス社会と言われる現代。

ストレスが気付かぬうちに身体に負担をかけ、痩せにくい身体を生み出している可能性もあります。

何事も前向きにとらえ、なんにでも感謝できる自分に変わることで基礎代謝量もアップさせることができますので、ポジティブ思考で毎日を過ごしていきましょう!

 

ミドル世代の基礎代謝量は、毎日の食生活や運動、冷え対策、そして前向きな考え方で高めていくことが可能です。日頃の生活習慣を見直し、基礎代謝量をアップさせ、太りにくい体質へと改善させていきましょう。

 

関連記事

・痩せすぎかも!? 女性らしいヘルシーボディを手に入れるダイエット

・40代大人ネイルのテーマは上品♡おすすめのセルフネイルデザインとは?

・着るだけ・履くだけ♡理想のダイエットグッズ特集