細いことが美しいわけではない、といわれる世の中でもやはり体重は女性にとって目をそらせない問題。かと言って、食事量を極端に減らす、激しい運動をする。そんな減量は体によくないし、なによりも続きません。現在ダイエットにはさまざまな種類があります。自分にあったダイエット方法を見つけて、健康的に綺麗になりましょう。


【ファイブファクターダイエットとは】
このダイエット法はハリウッドセレブの専属トレーナーであるハーレイ・パスターナック氏が考案したものです。パスターナックは、彼自身が思春期のころに肥満に悩み、さまざまなダイエット方法を試したという過去を持っています。その経験を生かすためにトロント大学で運動生理学と栄養科学の修士号を取得。ウエスタンオンタリオ大学で運動学の優等卒業学位を取得。セレブリティ相手の専属トレーナーとして成功しました。「過去の自分と同じように肥満に悩むひとびとを救いたい」という熱意を持った彼は、一般のひと向けに自らのダイエット理論ファイブファクターダイエットを発表しました。彼が担当したレディー・ガガ、ヒラリー・ダフ、ケイティ・ペリー、ハル・ベリーなど多くのセレブも実施したこのダイエット方法。ジェシカ・シンプソンは11kgも痩せたといわれています。セレブが実施しているといっても特別な道具や高級な食材は必要のない、とてもシンプルなダイエット方法です。


【ファイブファクターダイエットの方法】
ファイブファクターとは5つの要素という意味で、その名の通り「5」がキーワードになっています。

1.食事は1日5回にわける
ファイブファクターダイエットで1番注目するのがこのルール。5回も食べてダイエットになるの?と疑問になりますが、5回の食事をすべてしっかり食べるのではなく、いままでの1日の食事量を5回にわけます。量を少し減らした3回の食事+2回の軽食と考えてください。また食事を摂る時間も重要です。厳密に決められているわけではありませんが、理想とされているのが3時間間隔。

(例)
1回目の食事 7:00

2回目の食事 10:00

3回目の食事 13:00

4回目の食事 16:00

5回目の食事 19:00

朝・昼・夜の3回の食事のほかに、2回目・4回目の食事の時間にそれぞれ軽食を摂ります。これによりダイエットで挫折の原因となる空腹時のストレスを感じることがありません。そして空腹時間を短くすることで1度の食事量が自然と減り、摂取カロリーもそれに伴い下がります。血糖値の急激な上昇も抑え、体脂肪の蓄積を防ぐこともできます。
※軽食の際は果物、野菜、ナッツなど、食物繊維やビタミンを補給できる栄養価の高いものを食べるようにしましょう。

2.食べるものは5つのルールに従って選ぶ
ダイエットによっては一種類の食材だけを集中的に摂るものや、逆に炭水化物や脂質などの特定の栄養素だけをとらないものなどがあります。しかし、ファイブファクターダイエットはそうではありません。5回の食事を通じて、5つの栄養素をバランスよく摂ることが重要となります。

1)炭水化物・・・血糖値の上昇が緩やかな低GI値のものを選ぶようにします。玄米や全粒粉のパン、全粒粉のパスタやオールブランなどがおすすめ。
2)食物繊維・・・野菜、きのこ、海藻、豆類、果物に多く含まれます。
3)良質なタンパク質・・・赤身の肉、皮を取った鶏肉、魚、大豆、卵に含まれています。
4)良質な脂質・・・エゴマ油・アマニ油、オレイン酸の豊富なオリーブオイル・キャノーラ油などがあります。
5)水分・・・カロリーのない水やお茶などで十分に水分を摂取します。コーヒーや紅茶は、砂糖や牛乳を入れないで摂取しましょう。


【1日の理想的な食事例】

◆朝食
全粒粉パン、スクランブルエッグ、チーズ、グレープフルーツ、コーヒー

◆軽食
いちご、低脂肪ヨーグルト、水

◆昼食
アボガドと海老の全粒粉パスタ、サラダ、スープ、紅茶

◆軽食
野菜スティック、ナッツ、レモン入りの炭酸水

◆夕食
玄米、ローストチキン、人参やブロッコリーなどの蒸し野菜、マッシュポテト、お茶


3.週に5日は簡単な運動をおこなう
週に5日、1日あたり20〜30分の運動をおこないましょう。運動といっても特別なことをする必要はありません。ジョギングやヨガをする時間がないひとは、エスカレーターでなく階段を使うようにしたり、電車を一駅手前で降りて歩く、テレビを観ながらダンベルを動かす、寝る前にストレッチをするなど生活のなかで意識して体を動かすだけでも効果的です。


4.
週に1回は好きなことをして過ごしていい
ファイブファクターダイエットには週に1回ダイエットを休んで良い日が設けられています。好きなものを食べて、運動をお休みして、また明日からがんばりましょう!


ファイブファクターダイエットはダイエットの基礎をおさえたごくごくシンプルなものです。栄養バランスの摂れた食事+軽い運動をすることが体に良いことはわかっていても、忙しい日常のなかではついつい忘れてしまいがち。本国アメリカではこのダイエットを行ってから“体調がよくなった”“ずっと続いていた吹き出物ができなくなった”などダイエット以外にも体質改善効果の声も聞かれるくらい女性のからだに優しいダイエット方法です。ダイエットにとって1番たいせつなのは、健康的な生活を習慣にすることです。それにより理想の体重に近づけるだけでなく、リバウンドを防ぐこともできます。無理なく続けやすいファイブファクターダイエットをぜひ参考にしてみてください。

266[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)