今年の夏はダイエットすると意気込んでいる人も多いのではないでしょうか?

しかし、落したい部分の脂肪がなかなか落ちない、落ちてほしくない部分だけ落ちていくという話をよく聞きます。人間の体は、なぜ、脂肪を蓄えるのでしょうか。実は身体を守る大切なパートナーなのです。脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。それぞれの特徴を知ることで、効率的にダイエットが出来るのです。


皮下脂肪とは
皮膚のすぐ下についている脂肪で、筋肉の外側につく脂肪のことです。皮膚の厚さは場所や人によって違いますが、女性が自分の体型で特に気にするのが皮下脂肪の厚さではないでしょうか4。脂肪が気になる皮膚をつまんでみるとよくわかります。脂肪は真皮の深い部分に脂肪細胞の固まりが貯まってくるのです。また、皮下脂肪で体内のエネルギーとして使われなかった栄養が一時的に蓄えられた脂肪のことです。

皮下脂肪の働き
脂肪は熱を伝えにくいため、体温の保存をする働きがあります。そして、クッションとしての働きもあると考えられます。現代のように暖房設備が整っていない時代には、皮下脂肪を蓄えて冬を過ごしたのです。また、内臓を保護する事が出来、貯蔵エネルギーとして重要です。もちろん、体の各所に脂肪組織は蓄えられるのですが、皮下脂肪は他の部位よりもかなりの割合を占めます。その他にも、妊娠の際、生まれてくる赤ちゃんのエネルギーを蓄えているのです。そのせいか、男性に比較して女性の方が元々皮下脂肪は厚くなっています。


内臓脂肪とは
腹筋の内側や肝臓、腸などの内臓の周りにつく脂肪のことです。特に見た目にお腹がぽっこり出ていて太っている人は、内臓脂肪が蓄積されている可能性が高いのです。しかし、見た目だけにとらわれて、「自分はあまり太っていないから大丈夫だろう」と安心している方も実は内臓脂肪は見た目に関係なく、肝臓や腸のまわりに蓄積される脂肪なので、痩せていると思っている方でも十分に注意が必要です。

内臓脂肪の働き
内臓の位置を正しく保つ働きや、それ以外にも皮下脂肪と同様に外部からの衝撃を和らげるクッションの役割があります。それ以外に着いていて良い事は特にない脂肪なのです。


その事から、落さなければいけない脂肪は、皮下脂肪ではなく内臓脂肪なのです。内臓脂肪は、つきすぎると高血圧や糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすとも言われています。内臓脂肪によって生活習慣病に掛かると、たとえ軽度だったとしても、重複して発症すると動脈硬化などの危険性が格段に高くなってしまいます。定期的に内臓脂肪の検査を受けて、生活習慣の改善と内臓脂肪に対して常に意識するように心掛けることが、大切な体を守るための重要ポイントです。内臓脂肪は、特に男性の方につきやすいので、食べすぎや飲みすぎには十分気をつけなければいけません。

では、内臓脂肪を効率よく落し、残したい部分はしっかり残すダイエット法はどのようなに気を付ければよいのでしょうか?

内臓脂肪も皮下脂肪も、日頃の食事や運動などの生活習慣が大きく影響していると言われています。比較的すぐに影響を受けやすいのは内臓脂肪です。すぐに溜まる一方、生活習慣を少し改善すれば簡単に落とすことができると言われています。それに対して皮下脂肪はいざという時のために取ってある反面、なかなか使う機会も少なく、減らすのに苦労をするといったことも言われます。どちらも日々の生活習慣を改善することにより、脂肪の過剰な蓄積を防ぐことができます。 食生活と日ごろの運動量を見直すことで、健康な身体を手に入れましょう。しかし、どのような方法が効果的か内臓脂肪の燃焼に効果的な方法を、食事と運動に分けて詳しく説明していきましょう。


♦食事
まずは、日々の生活習慣を自分自身で把握することが大切です。普段より、過剰にカロリーを摂取している人や、運動不足がちな人は短期間でダイエットを行っても効果は期待できません。内臓脂肪を燃焼させる上で必要なのは食事管理、運動管理なのです。便利な生活を送れるようになった半面、栄養バランスの崩れた食生活や運動不足を招いてしまっているのです。その為、食事管理は重要です。運動量が少なくなっているのに過剰にエネルギーを摂取してしまうことにより内臓に負担が掛かり、消化にエネルギーが取られてしまうのです。

現代では、海外から様々な食材や料理などが、手軽に食べられるようになった分、脂肪の多い食生活になりがちです。ですが、従来わたし達、日本人が食してきたお米や豆、穀物などの組み合わせがわたし達日本人の最適な栄養バランスのとれた食事なのです。まさに、ご飯と味噌汁の組み合わせは理にかなった食事なのです。

■食事を口に運び一口50回目安で噛みましょう。
よく噛むことにより中枢神経が刺激され、少ない量でも満腹感をあじわう事が出来ます。

■早寝早起きを心掛け、就寝前5時間は食事の摂取は控えましょう。満腹の状態で就寝すると、エネルギーが蓄えられ代謝が悪くなってしまいます。


♦運動
特に有酸素運動を生活の中に取り入れることで確実に内臓脂肪を減らしていくことができます。しかし、時々やる程度ではあまり効果は期待できません。日々の生活に取り入れることでその効果に期待が持てます。一日やって暫く行わないと内臓脂肪を減らす効果は半減してしまいます。一日20分以上の時間を目安にして有酸素運動を行いましょう。1カ月程で効果が実感できると思います。初めは無理のない範囲で行うことが大切です。内臓脂肪を燃焼させて、脂肪のパーセンテージを落とすには、継続した運動を行うことが大切なポイントになります。

■体の柔軟性促進させ、血流を改善してくれます。
血流が良くなることにより、基礎代謝がよくなり脂肪を燃焼しやすくなります。


バランスよく無駄な脂肪(内臓脂肪)を落とすには、食生活の改善、日々の運動が大切です。食事では過剰なカロリー摂取を控え有酸素運動を日々の生活に習慣づける事が大切です。しかし、この様な生活を行うのは中々難しい部分があります。そんな、食生活部分をサポートしてくれる強い味方が【ピュア グリーン・デトスムージー240g(約30杯)】です。食事制限は栄養のバランス面で失敗しがちです。カロリーを抑えて栄養バランスをしっかり保つ事は中々できません。カロリーだけ考えダイエットを進めるとバランスの悪い体型になってしまいます。しっかりバランスの良い栄養バランスでダイエットを行いバランスの良い体型にし、ポッコリお腹から卒業しましょう。皮下脂肪は、女性特有の美しい曲線美は皮下脂肪があってこそのものです。間違ったダイエットには注意しましょう。
【ピュア グリーン・デトスムージー240g(約30杯)】http://goo.gl/fOmAsL

lgf01a2013120407001

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)