妊娠出産前は、そこそこスレンダーだったのに、出産後はお腹からお尻、太ももあたりに余計なお肉が取り付いて離れない!なんて悩みはありませんか?そんな下半身太りは「洋ナシ体型」と呼ばれ、特にアラサー以降の女性たちを悩ませる存在です。この洋ナシ体型さんが「ダイエットしよう!」と思ったときに、気をつける必要があることとはどんなポイントなのでしょうか?



【洋梨体型になる主な原因】
そもそも、どうして洋ナシ体型になってしまうのでしょうか。
主な原因は、加齢による筋肉の衰えや、基礎代謝の低下による脂肪の蓄え、骨盤のゆがみなどが挙げられます。加齢による筋力の衰えは、それまでは筋肉で支えていた上半身の脂肪を支えきれなくなり、いわゆる「重力には逆らえない」状態となります。また筋肉が衰えることで、基礎代謝も低下し、脂肪を蓄積しやすくなります。出産後の女性に多い骨盤のゆがみは、体のバランスを崩すだけでなく、骨盤が開いたことでその空いたスペースに脂肪がたまりやすくなる状況を作り出します。まさに恐怖の負のスパイラル!



【ダイエットの際に気をつけておきたい3つのポイント】
そんな洋ナシ体型さんのダイエットを成功させるには、3つのポイントがあります。


◆脂質の多い食べ物は控えめに!◆
脂質が多い食べ物の代表的なものは、女性が大好きなケーキなどのスイーツや、手軽に食べられるファストフードなど。これらの脂質は取りすぎると体内で脂肪として蓄えられてしまうので、注意したい食べ物です。


◆代謝を上げる無酸素運動と、体脂肪を燃やす有酸素運動を!◆
運動には高い負荷をかけて行う「無酸素運動(筋トレなど)」と、軽い負荷の「有酸素運動(ウォーキングやストレッチなど)」の2種類があります。脂肪が多い洋ナシ体型さんには、まず「有酸素運動」で体にたまった脂肪の燃焼を行い、そのうえで体の基礎代謝を上げて太りにくくする「無酸素運動」を行うといいでしょう。


◆老廃物を溜め込まない!◆
女性は冷えや筋肉量の関係で、老廃物がたまりやすくなっています。老廃物は代謝しにくい体質にしたり、むくみやすくしたりと厄介な存在。特に洋ナシ体型さんには、足を重点的にマッサージして、足にたまりがちな老廃物を排出しましょう。



洋ナシ体型さんも、気をつけておきたいダイエットのポイントがわかれば、以前のようなスレンダーボディに近づく可能性大!スタイルは見た目年齢も左右しますので、ぜひダイエットを成功させて、洋ナシ体型から脱出しましょう!

lgf01e201309200900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)