これからの季節露出が高くなっていく一方です。ですが秋冬と、脂肪を蓄える季節に怠けてしまっていた分、その落とし前はきっちりとやってくるのです。ですが短期間ダイエットというと、体に悪いのではないか?と思ってしまいがちですが、短期間でも健康的にダイエットできる方法はたくさんあります。だからといって、秋冬と変わらずの食事生活を送っていると、必ずリバウンドをします。ですので短期間でダイエットするとなると、食生活と+運動を並行して行わないといけないのです。大人になるにつれて基礎代謝も下がってきてしまいますので、多少の運動だけだと脂肪は落ちてくれません。
ですが、そこは短期間でダイエットするという目標を掲げているのですから、がんばって落とすところまで落としていきたいと思います。それでは、今回は夏に向けて、短期間でダイエットできる効果的な方法をご紹介していきたいと思います。全ての皆様にこのダイエット方法が合うか合わないかわかりませんが、色々な目線からご紹介していきたいと思いますので、これなら自分にも合うかもと思うものを実践していただきたいと思います。



◆1週間でマイナス4キロ!断食で胃を小さくする方法
これは皆さんも経験したことのあるダイエットだ思いますが、炭水化物抜きダイエットです。まるまる1週間炭水化物を全てぬくことが鉄則で、その他にも芋類、アルコールやカフェイン等も抜いてください。断食といっても、すべての食事制限をなくすと言うわけではなく、食べるのはいちにち、一食にすることで、膨れ上がった胃を元の大きさに戻すことを目的とします。

1日一食だと、体がもたないのでは?と思うかもしれませんが、人間の治癒能力というものは、本来空腹時によって起こるものなのです。ですから食事をすることで、胃の中の消化を助けるため、血液がその部分に集中してしまい、だから食べ過ぎた時に肌荒れなどを起こしてしまうのです。肌に必要な栄養分が行き届いていないため、お肌トラブルが引き起こされるのです。あまり食欲がなく、少し空腹だなと言う時こそ、実は成長ホルモンが活発に動いている時なのです。



◆1週間で1.2キロ減!美肌効果もある夜トマトダイエット
トマトは美肌効果に良いとされていますが、ダイエットにもとても強い味方なのです。ですが生野菜は、取りすぎる事で体を冷やしてしまう恐れがあるので、トマトの料理方法にも気をつけていかなければなりません。夜トマトダイエットと言うだけあって、夜ご飯を1週間トマトだけにするのです。生野菜は体を冷やしますが、いいところと言えば、酵素を補えるので体の基礎代謝を良くしてくれるのです。ある意味このダイエット方法も、食事制限重視になっていますが、1週間でダイエットすると言うのですから、過度な食事制限も仕方がないことだと思います。




食事制限も大事だけど、汗をかくことで脂肪燃焼を促すことも大切です!
やはりダイエットにも効果的だと言われているのは、半身浴ダイエットです。半身浴ダイエットというと皆様必ず1度は、耳にしたことがあると思いますが。半身浴ダイエットは健康にも良く、そして美肌にもなるので一石二鳥いや、一石3鳥ほどの効果が得られると思います。やり方としては、おへその辺り位にお湯につかるだけです。ですが半身浴ダイエットには、何点か注意が必要になってきます。まず体をより少し高めの38度位のお湯にして半身浴を行ってください。半身浴ダイエットで失敗しやすいところは、お湯がぬるすぎることで熱めのお湯を入れて、端に起こしている人が多いところです。熱めのお湯で半身浴をしてしまうと、体はのぼせてしまい、反対に体の中から温度を下げようと言う働きが行ってしまうからです。そしてその次に大事なのは、半身浴前後はしっかりと水分補給を行ってください。水分をとることで代謝も上がりますし、さらさらの綺麗な汗をかくことができます。あと最低でも20分以上は半身浴を続け、上半身から汗が吹き出す位まで行って下さい。半身浴をして上半身が寒いと感じる場合は、温かいお湯で絞ったタオルを肩に乗せて行うといいと思います。



短期間でダイエットするとなると、それ相応のしんどさや辛さが伴うと思います。ですが、これからの夏に向けてぷよぷよのお腹を出すのに比べたら、我慢できる辛さですよね。今回ご紹介したのはあくまで、1週間という短期間のダイエット方法なので、無理に1ヵ月や半年など、長期にわたり行う事はやめてください。ですが最後の半身浴のお話は、季節問わず健康維持のためにも、続けることをお勧めします。着たい水着を着れない悲しさなんて、今年の夏こそはないように!自分の理想の体へと近づけるように頑張っていきたいと思います。夏はもうすぐです!引き締まった体で存分に楽しみたいですよね。

lgf01a201307011900

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)