腸内環境を整えてデットクスをし、便秘を解消しましょう。痩せてキレイになる方法を紹介します。



【規則正しい食事、睡眠が大事】
自分の意志とは無関係に体の動きをコントロールしている自律神経には1日のリズムがあります。交感神経は朝から上がり、昼間にピークを迎え、副交感神経は夕方から夜にかけて上がっていきます。自律神経が乱れていると、副交感神経が低下していきます。副交感神経が高まれば、腸のぜんどう運動が活発になり、便が出やすくなります。すると腸内環境も整ってきますよね。




【1日をハッピーにしてくれる朝ヨガと朝ごはん】
夜は早めに休み、朝は早めに起きる。これだけでも体の基本的な機能は整います。余裕をもって朝はやく起きると、色んなことをすることが出来るのではないでしょうか。時間があれば、簡単なストレッチやヨガ。あとは歯磨きや白湯を飲むことも。また簡単な掃除。そのあと、朝ごはんを食べましょう。朝ごはんは消化の良い、温かいものを採るように心がけましょう。




【デットクスには白湯!】
デトックスにいいと言われているのが朝コップ1杯の白湯を飲むことです。体温よりもやや温かい白湯を飲むと、腸のカベにこびりついた消化しきれなかったものが押し出されます。腸の調子が悪いとさまざまな不調が体に出てきます。白湯で消化管を綺麗にしていきましょう!おいしい白湯の作り方はとっても簡単なので朝の支度の合間でも出来ます。



<白湯のつくりかた>

1)やかんに水(できればミネラルウォーター)を入れ、ふたをせずに火にかける
2)沸騰したら数分そのまま沸かし続ける
3)コップに移し、飲める適温になったらゆっくり飲む

これを毎朝飲み続けると体が変わってくるのが感じられます。
便秘解消だけではなく、消化能力が高まり、冷え性の改善にも効果があります。 



【便秘解消に大事な3つのこと】
便秘解消に大きく関わることが以下の3つと言われています。



1)睡眠 
質のいい睡眠をとるには寝る前に温かいお風呂にゆっくりつかってリラックスしたり、ストレッチをしたりするのがおススメです。また、リネン類を快適なものに変えたり部屋でアロマを焚いたりするのもいいですね。


2)朝ごはん
忙しくて食べる時間がない!という人でも、バナナ1本でも食べることが大切です。朝型に体を変えていきましょう!朝、目覚めたら一番に太陽の光を浴びる。これは体内時計を整え、自律神経を活動させてくれます。 腸のぜんどう運動を活発化させるためにも規則正しい食事を心がけましょう。


3)夜寝る3時間前の食事
夕食は寝る3時間くらい前がいいと言われています。どうしても遅くなってしまう場合は食後すぐに寝ないように気を付けましょう。



いかがでしたか?心と体のバランスを整え、便秘を解消しましょう。ストレスフリーのダイエットですよね。体にいいものを食べ、体が喜ぶことをしましょう。無理な食事制限やストイックなことはあまり期待できません。心と体のバランスがとれていれば、自然と体型もスリムになります。

お腹

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)