今ダイエットをしている人に質問です。ダイエットの目的って何ですか?

体重が減ること?

筋肉つけること?

スタイル良くなること?

きっと、皆さんはスタイルが良くなることを目的にダイエットを始めたのではないかと思います。
けれど、自分が今やっているダイエットを見て、スタイルが良くなる方法を取ってる?と聞かれると、自身を持って「うん!この方法だと確実にスタイルのいい女になれるの!」と言える人は半分くらいなのではないでしょうか?ダイエットって、続けていくうちに、体重を落とすのが目的のようになってしまって、スタイルのことは二の次になっちゃうケースがあるんですよね。そういう人は、最初の原点に立ち返り、もう一度自分のダイエット方法を見直してみましょう。



☆食事制限だけじゃ理想のスタイルにはなれない
よく、食事制限だけで痩せようとしている人がいます。食事制限で落とせるのは、体重だけです。しかも、うまくやらないと必要な栄養素を取ることができなくなるため、カラダが飢餓状態に陥り、痩せにくいカラダが出来上がってしまうことにつながりません。しかも、運動をするわけではないので筋肉は落ち、だらしないカラダとなることもあります。

また、厳しい食事制限を行った場合、肌がカサカサになったり、髪に潤いがなくなったりして、美しさからは遠ざかってしまうことも。ひどいときには月経が来なくなり、そのまま放置してしまった場合、不妊になることもあり得ます。食事制限ダイエットは、カラダを壊す原因にもなりかねませんので、ほどほどにして、筋肉をつけるようにしましょう。



☆筋肉をつけて痩せやすいカラダつくりを目指しましょう
メリハリのあるカラダを求めるのであれば、最低限の筋肉は必要不可欠です。何もムキムキマッチョになれ、とは言いません。女性らしい、しなやかな筋肉をつけるようにしましょう。一番、必要なのは体幹筋肉。俗にいう、インナーマッスルですね。普段の生活で【背筋を伸ばす】【体重を均等にかける】【なるべく歩く】などを心がけるだけである程度のインナーマッスルは鍛えられます。また、コアリズムやベリーダンスダイエット、カーヴィーダンスなどもインナーマッスルを鍛えるのにちょうどいいダイエット方法となっていますので、余裕がある人は行ってみてはいかがでしょうか?




☆女性らしいカラダとは、ボンキュッボン
女性らしいカラダってどんな体を言うのかわからない、という人に、わかりやすく伝えるのであれば、ボンキュッボンでしょう。出るところは出て、引っ込むところは引っ込む、全体的に丸いシルエットの女性が女性らしいカラダです。逆に筋肉がムキムキの人や、痩せすぎて骨ばっている人は女性らしさとは程遠いと言えるでしょう。とは言っても、脂肪がいっぱいはただのデブ。適度な脂肪が適切なところについている女性、これが女性らしいカラダを持つ女性の特徴です。




☆体重よりもサイズダウンを目指して!
女性らしいカラダには適度な脂肪が適切なところにある必要がある、ということは、体重ばかり見ていてはダメということ。体重よりもサイズを見ていきましょう。どういうことかわかりにくいと思いますので例を出してみたいと思います。ウエストがマイナス5センチのサイズダウン!でも、体重が0,5kg増えていた場合、喜ぶべきか喜ばないべきか!?


AさんBさんがいるとして、Aさんは喜び、Bさんは悔しがったとします。
Aさんは、別の個所のサイズダウンを新たな目標とし、がんばります。
Bさんは、体重を減らすために、とにかくカロリー制限を始めました。

こう比べるとわかりやすいと思います。
Aさんはボディメイクをしていますね。体重よりも、理想のボディに注目しているのです。Bさんはただ体重が落ちればそれでいいのです。ちなみに脂肪よりも筋肉のほうが重いため、同じサイズの女性でも、筋肉があり、スリムに見える方が体重が重かったりすることもありますので、先ほどの例で言いますと、脂肪が減って筋肉が増えたという見方もできますね。なので、体重ばかりに着目してしまうと、ダイエットの本来の意味を見失ってしまうことになりかねませんし、リバウンドや停滞期などに差し掛かった時に、挫折してしまうということにもつながってしまいます。体重ばかりに気を取られず、なりたい自分を描き、理想のボディを作り上げることを考えたほうがダイエットはうまくいくものなんですよ。



☆女性らしいカラダのポイントはウエストのくびれと引き締まったヒップ
手っ取り早く女性らしいカラダを作りたい場合、まずはウエストシェイプとヒップアップを目指しましょう。特に、日本女性のヒップは横に流れていることが多いため、なんとなくおばさん臭い印象を与えてしまいます。きゅっと引き締まった、丸いシルエットのお尻を手に入れましょう。


266[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)