冬の間は隠していた贅肉。暖かくなり薄着になってくると気になってきますね。なかなか簡単にできないのがダイエット。でも、今年こそはマイナス3kg目指して頑張りましょう。マイナス3kgなら無理じゃない。マイナス3kgなら無理な設定でなないばかりでなく1度ダイエットに成功すると自信がついてもっとと思えるようになります。初めから無理な設定をしてしまうことで実現できず私には無理と諦めていませんか?1週間に1kgから始めたらそんなに難しくありませんよ。


「マイナス3kgなら簡単です」


女性にとって永遠のテーマであるダイエット。痩せすぎになってはいけませんがぶよぶよボディはやはりみりょくてきではありませんね。冬に溜めてしまった脂肪を少しずつ落としていきましょう。最終目標がマイナス10kgでも初めからその設定をしてしまうと大変です。実現するのが大変なばかりでなく無理なダイエットで体を壊してしまうこともあります。1週間で1kgと考えればそれほど難しくはありません。3週間続けることでマイナス3kgになりますね。そして3kgに成功したら成功体験で自信がついてもっと頑張ろうと続けることも出来るはずです。まずは無理しない設定にすることが大切です。



「おにぎりダイエット」
つんくさんがされたことで脚光を浴びたダイエット方法ですが、短期間で効果を出しやすく特別に何かを買ったりすることなくできるのではじめやすい方法です。おにぎりダイエットのルールや注意点は以下の通りです。


*おにぎりダイエット  メインルール*
・おにぎりを主食に。朝夕に1つ、昼は2つくらい食べてよい。
・同時にたっぷりの野菜を食べる
・ダイエット期間は1~3週間くらいとする


*おにぎりダイエットの注意点
・ダイエット期間中は肉や魚は食べない方がよい
・味噌汁やサプリメントは摂取してもよい
・お菓子や果物はさける
・禁酒する


*おにぎりダイエットの注意点

・おにぎりダイエットと一口に言っても色々なやり方があるようですが、体重を減らすには消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいわけなのです。ということはいくらおにぎりと言っても具がカロリーの高いものではカロリーがその分多くなるので注意が必要ですね。昔ながらの梅干し、おかか、昆布などがおススメです。


・雑穀米や玄米で作るのもOKです。たくさん1度に作って冷凍保存してもよいですね。
コンビニのおにぎりはカロリーが高いものがあるので気を付けましょう。コンビニに行くと目の毒になる美味しそうなものがたくさんあるのでその誘惑と戦うのも大変です。ダイエット期間中はコンビニ通いは避けた方が無難です。


・野菜をたっぷりとるのも意外と大変なものです。具がたっぷりと入ったけんちん汁のようなものをたくさん作って一緒にとるのも一つの方法です。汁物はたっぷりとるとお腹にたまるのでダイエットの時には活用したいものです。


・おにぎりに飽きた時にはおにぎり1つをゆで卵に変えるのも目先が変わってよいかと思います。
あまりにもルールにとらわれてしまうと継続が困難になることもありますのでそのあたりはご自身で調整しましょう。ただし、焼き肉でお酒飲み放題みたいなことは絶対にやめましょう。すぐに体重は増えてしまいます。


・ダイエット中は毎日体重をはかりましょう。きちんとルールを守っていれば落ちないことはありません。もし、増えてしまったときにはすぐに摂取する量を調整しましょう。


・ダイエット期間中は出来ればたくさん歩きましょう。ハードな運動をするにはカロリーが足りないのでお勧めできません。ウォーキングは有酸素運動であり誰でもすぐにできるのでお勧めです。腕を大きく振って脈拍が少し上がるくらいのテンポで歩きましょう。歩くときは、息を鼻から吸って口から吐くことを意識してしっかり有酸素運動の効果を得ましょうね。



手軽に出来るおにぎりダイエット、きちんと続ければ1週間にマイナス1kgは実現できます。難しく考えずにまずはやってみましょう。3週間でマイナス3kgです。ただし、栄養が偏っているので長期間続ける場合にはサプリなどで足りないビタミンなどをきちんと摂取してくださいね。

cc-library010007981a3qjb[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)