キレイになりたい女性でしたら、気になってしまうのは仕方ない…それはエステ。痩せたいな…運動しても手足はなかなか細くならないな…そんな時、エステに行くのはどうかな?と思い、エステを検索してみた経験がある方、「キャビテーション」というワードを見た事はありませんか?どうやら痩せるらしいことはわかるけど、そもそもキャビテーションって何なのか、どんな効果があるのかよくわからない…そんな疑問を解消すべく、キャビテーションについてご紹介していきます。

《キャビテーションとは??》  

エステで行うキャビテーションとは、機械で脂肪細胞を分解、または破壊してしまい、脂肪をなくしていくダイエットの事です。超音波をあてていく事で、脂肪細胞を分解・破裂させるのです。脂肪が堅くなって燃焼されにくくなっている箇所に特に効果的で、気になる箇所に機械で超音波をあてた後は、さわった感じがとても柔らかくなります。   《超音波をあてただけでは細くならない》  キャビテーションで注意しなければならない点は、 機械で超音波をあてるのみのケアでは、分解・破壊した脂肪細胞は、ドロドロに溶けてしまっても同じ場所に居座り続けるという事です。そのうちまた堅くなっていってしまいます。

【キャビテーションの効果を確実に出す方法】

1./
柔らかくなった脂肪細胞は燃えやすくなってはいますが、燃焼してしまわないといけません。
2.マッサージでからだの老廃物を排出する働きを持つリンパ液に乗せて、腎臓まで流すことが必要です。
3.水分をしっかり取り、尿と一緒に分解・破壊され老廃物となった脂肪細胞を排出しなければなりません。(キャビテーションを受けた後は、水を1日2リットル以上は飲むことが大切。
4.
キャビテーションを受けた後は、吸収がかなり良くなっているので、食事は施術後2時間は取ってはいけません。

このように、気をつけるべき点が数点あります。ただキャビテーションを当ててもらうだけでは効果はあまり見込めないということですね。キャビテーションエステには「こうゆう方法で、こう痩せる!」という目的を持って、メカニズムを理解して計画的に通うことができれば、ダイエット成功に導いてくれます。

《キャビテーションを受けるなら、絶対に計画を立てるべし!》

実際にキャビテーションを受けると決めたならば、キャビテーションを受ける日、その前後一週間くらいは運動やマッサージをする時間を設け、ミネラルウォーターを準備するなど計画を立てるべきです。そうしないと、一度の施術でなかなかの値段が掛かる割には、効果が出ない…またはすぐに元に戻ってしまった…と悲しい結果になりかねません。キャビテーションだけで痩ようと思わず、【ダイエット効果を出す絶好のブースター】だと考えておくことが大切です。
例えば、こんなスケジュールを提案します。

1.
キャビテーションを受ける前に、なるべく歩いて移動したり、運動してからエステに行ったりするなどして、からだを温めておきましょう
2.
ミネラルウォーターを持参し、こまめに水分を取ることができるようにする。飲めるなら飲める分だけ飲みましょう。家にも多めに準備しておき、帰宅後もどんどん飲めるようにしておくと忘れません。エステ代に比べれば水代は微々たるもの。ここに投資は惜しんではいけません。
3.
キャビテーションエステを受けた後は、1時間以上のウォーキングの時間をとる。(30分以上有酸素運動を続けると脂肪が燃えると言います。せっかく脂肪が燃えやすい状態ができているのですから、できるだけ長く運動できるといいでしょう。)
4.
夜は早めにお風呂タイムを設け、ゆっくり半身浴をしましょう。岩盤浴に行くのもいいでしょう。この時も水分をしっかりとってください。
5.
リンパマッサージをしましょう。半身浴をしながらキャビテーションを当てた部分を入念に流していくのも効果的です。
6.
もし食事をとるなら、食事は野菜や酵素ドリンクなどデトックス効果の高いもののみが理想的です。

キャビテーションを受けた後は、腎臓に老廃物が流れれば流れるほど、効果は出ますが腎臓もたくさん働かなければならなくなるため、腎臓が疲れてしまいます。からだも疲れてしまうため、早めに睡眠を取って休ませることも大切です。疲れると食欲も湧いてしまいますからね。痩せるぞ!という目的をしっかり持つことは大切ですが、無理だけはしないように気をつけて、キレイになっていきましょう。
また、キャビテーションを受ける前後の数日も、脂肪が燃えやすく・老廃物を排出しやすいからだづくりのため、運動やマッサージ・ストレッチなどで整えることが大切です。これが習慣になるとエステに一回行くより効果的かもしれません。今現在の生活習慣を見直して、上手に付き合っていきましょう。



ASE_009-thumb-1000xauto-12542

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews
ウーマンニュース-)