夏に向けてダイエットを決意してみたものの、「明日から……」と先延ばしにしてしまうことは、女性ならだれしも経験があること。でもチャレンジしなければ、なにも始まらない! ここは一念発起して、憧れBODYに近づくために、ひと頑張りしてみましょう。

ジムに通ったり、ジョギングをしたり、運動はもちろん大切ですが、おなじく食生活を見直すことも大切です。せっかく運動したのに、砂糖たっぷりのジュースで喉をうるおし、頑張ったご褒美にスナック菓子をぽりぽり……。せっかくの運動も台無しです。今回は、そんなダイエット時の食生活の参考になる「パープル・フード・ダイエット」についてご紹介します。マライア・キャリーはこの方法を取り入れて30kgの減量に成功したといわれています。どんなダイエット方法か、早速checkしていきましょう。

【パープル・フード・ダイエットとは】

パープル・フード・ダイエットとは、その名の通り、紫色の食べ物だけを食べるというダイエット方法です。ベリー類、プラム、葡萄、紫たまねぎ、紫いも、茄子など、紫色の食べ物は一般的に栄養が豊富で、とくに抗酸化力の高いアントシアニンが豊富に含まれているのが特徴です。そのため、体内の毒素を除去、脂肪をつきにくくし、新陳代謝もアップして痩せやすい体質にするといわれています。

【マライア・キャリーも実践】

2011年に男女の双子を出産した世界の歌姫、マライア・キャリー。その圧倒的な歌唱力はもちろん、女性らしく引き締まった体型にも賞賛が集まっていました。そんなマライアが悩んだのが、産後の激太り。もともと太りやすい体質であり、体重の増減についてはよくゴシップの的になっていました。それは妊娠中も出産後も同様でした。
とくにマライアは、帝王切開での出産だったため、出産直後は体力の回復が優先。そしてその後は母乳での子育てが始まり、通常よりも食べなければいけないことや、はじめての育児、ましてや双子! という大変な状況でフラストレーションが溜まり、体重はますます増加。
そんなマライアが一念発起して実践し、30kgの減量に成功した理由のひとつが「パープル・フード・ダイエット」といわれ、瞬く間に世界中で注目を集めました。そんなマライアは、産後ダイエットについて「痩せたというよりも、健康を取り戻したと思っている」と語りました。

【パープル・フード・ダイエットの方法】

パープル・フード・ダイエットの方法は、とても簡単です。週に3日だけ、紫色(アントシアニンの含まれた)の食物を食べるだけ。紫色の食物は低カロリーなものがほとんどで、抗酸化力も高いので、カロリーを抑えながら、脂肪をつきにくい体質にしていきます。

【パープル・フードと抗酸化力】

なぜ紫色の食材?と疑問に思ってしまいますが、それはアントシアニンの栄養を得るためです。強い抗酸化力を持つアントシアニンは、このパープル・フード、紫色の食物に多く含まれています。
このアントシアニンは、人間の体内で老化の原因となる活性酸素を除去するのに効果的で、それにより代謝が上がり、痩せやすい体質になるのが特徴です。また週3日にこれらの食材を徹底して摂取し、体に毒となる食物を摂取しないことで、ジュースクレンズなどに似たデトックス効果も期待できます。 

【パープル・フードには、こんな食材があります】

◆果物
ブルーベリー、いちご、葡萄、プラム、レーズン、ラズベリー、カシス、プルーンなど

◆野菜
紫たまねぎ、赤キャベツ、紫いも、茄子、

◆その他
黒米、黒豆、黒ゴマ

いちごや黒米、黒豆、黒ゴマなどは、紫色ではありませんが、抗酸化作用を持つアントシアニンが含まれているので、食べてOKとされています。パープル・フードは、熱に強く、水に溶けやすいのが特徴です。紫色の食物を集めてスムージーにしたり、温かいスープにしたり、栄養をあますことなく摂取しましょう。

【パープル・フードは臨機応変に】

基本は週3日ですが、難しい場合は、日々の生活に紫色の食物を取り入れるだけでも効果的です。おやつのケーキをプラムやベリーなどの果物にしたり、夕食に紫キャベツのサラダを一品増やして、ご飯の量を減らしたり。ご自分のやりやすい方法で実践していきましょう!




8ee0d70cd63f65998d21658bb4cc1bda_s

 

 

 

 

 

 

 

 



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)