「ファスティングダイエット」という、ある一定期間、断食もしくは決められた食品のみを摂取して過ごすダイエット法を知っていますか?女性芸能人のブログでも、ファスティングに挑戦し、その効果を絶賛しているのをよく目にします。ハマってしまう人は定期的にファスティングを行うほどデトックス効果も高く、体内改善にも良いダイエット法なのです。

「断食」という空腹に耐えさえすれば誰にもできそうな方法ですが、数あるダイエット法の中でもファスティングはかなり難易度の高いもののひとつなんです。実施する期間や、ファスティング中に摂取する食品によってやり方やポイントも異なり、「ファスティング道場」などというファスティングを専門に行う施設までつくられるほど。

ここでは、最もポピュラーな方法として知られている酵ドリンクを使用したファスティングダイエットについて紹介していきます。

【ファスティングの流れ】

ファスティングダイエットには準備期間、ファスティング期間、復食期間という3つの期間があります。ファスティングダイエットを正しく行うためにはそれぞれの期間の意味をしっかりと理解し、決められたルールを守る必要があります。

◆準備期間

ファスティングする前の1週間、少なくとも3日間は準備期間と言って、少量の食事に体を慣れさせるための期間です。この期間中は低カロリーな食事を心がけるようにし、洋食や中華は高カロリーであり脂質も多いため、野菜・海藻類・豆腐・納豆などを中心とした和食を食べるようにしましょう。

特にファスティング前日の夜はなるべく早めの時間帯に、夕食を済ませます。前日だからといってドカ食いしたり、ケーキやデザートを食べてしまうのはよくありません。軽めの夕食を、早めの時間に済ませましょう。 準備期間を正しく過ごすことで、スムーズにファスティング期間に入ることができます。

◆ファスティング期間

準備期間を終え、いよいよ本番。ファスティング期間中は酵素ドリンクと水のみを口にします。約3時間おきに酵素ドリンクは飲んでOK。脱水を予防するため、水はなるべくこまめに飲むようにしましょう。 食事制限以外は普段通りの生活をしても大丈夫ですが、 過度な運動や長風呂など、たくさん汗をかいたり無理をするのは避けましょう。

個人差はありますが、ファスティング2日目ぐらいからファスティングの効果を実感する人もいます。
体が軽くなってきた、食べなくても平気になってきた、体重が落ちたなど、ポジティブな体の反応が見られる一方で、 体がだるくなる・眠気を感じる、吐き気・発熱・下痢、吹き出物など、体調不良のような状態になる人もいます。しかし、このマイナスな反応も実はファスティングダイエット効果のひとつ。これらの症状は「好転反応」といい、体が良い方向へ変わろうとしている証拠であり、体から毒素が出ている証拠とも言えます。 症状が穏やかであればそのまま酵素ドリンクと水のみでファスティングを続けても問題ありません。

中には急激なエネルギー摂取量の低下により本当に体調不良を起こしている場合もあるので、自分の体の変化と程度をよくみながらファスティングを行う必要があります。決して無理はしないようにしてください。日が進むにつれデトックスが促進され、心身ともに軽くなり、今までに味わったことのない感覚を体験できるでしょう。

◆復食期間

ファスティング期間が終わってもそこで食事制限が終わるわけではありません。固形物を数日間食べないことにより消化器官が休まり、腸内環境はリセットされている状態になっています。あなたがファスティング後に何を食べるかでその後の腸内環境や体質も決まっていきます。

ファスティング後の1食目は「おかゆ」。赤ちゃんの離乳食も重湯から始まるように、日本人の消化機能にお米は非常に合っており、またお腹にも優しい食べなので、いきなりお菓子やお肉を食べるのではなく、休んでいた胃腸をゆっくりと動かしていきましょう。2食目からは、みそ汁・野菜・海藻類・豆腐・納豆・キノコ類なども取り入れ、 だんだんと元の食事に戻していくようにします。
復食期間での食生活は、ファスティング成功の大きなカギを握っています。 ここで食べ過ぎてしまっては、せっかくの努力が台無しになってしまうので要注意です。

ファスティングダイエットは難易度の高いダイエット法ですが、ダイエット以外に得られるデトックス効果と即効性は他のダイエット法よりも確実に高いです。どのダイエットも続かないし効果もイマイチわからない!と悩んでいる方は1度ファスティングを行ってみるのもいいかもしれません。ただし、無理は禁物ですので、不安な人はファスティングの専門家に相談しながら挑戦してみてください。多くの人がファスティングの達成感とデトックス効果に感動するでしょう。



6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)