ウォーキングをして痩せようとしている人がいますが、成功していますか?確かに、毎日ウォーキングをすることは、ダイエットにとっても効果を表します。正しいウォーキングを行うと、10kgや20kg痩せることは可能です。アナタは正しいウォーキングを行っていますか?


・ただ歩くだけでは痩せないワケとは?

ただたんに歩いているだけでは痩せません。では、それはなぜでしょうか?理由はいくつかあるので、ご紹介したいと思います。


①筋肉をきちんと使えていないから
歩くことに大切なことは、筋肉をきちんと使うことです。長時間歩いた後に、ふくらはぎがむくんでいると感じる人は筋肉がきちんと使えていない証拠になります。筋肉を動かさないのであれば、エネルギーだって消費はしません。正しい姿勢できちんとした歩き方をマスターしましょう。歩幅を広げて、大きな筋肉を意識することだけでも、正しいウォーキングをすることができます。


②酸素を取り込めていないから
歩くことで息が上がりますが、上がり過ぎてしまうと有酸素運動の効果がなくなってしまいます。呼吸は吸うよりも吐くことを意識しましょう。鼻と口から吐き切ると自然と深く吸うことができますよ。


③歩き方が「運動」ではなくなっているから
1日1万歩を目安に歩くといいですが、これは1日平均300キロカロリーが消費されず体内に蓄積されているから、このカロリーを消費するために1万歩くを歩いた方がいいと言われているのです。きtんと根拠があるわけですね。


・効果的なウォーキングダイエットの方法

効果的なウォーキングダイエットをしたいのであれば「ウォーキング」を見直すことが大切なのです。


<正しい歩き方>

・視線は少し遠くへ10~15m先におく
・あごを自然にひく
・背筋を自然に伸ばし、腰は常に同じ高さを保って歩く
・かかとから着地して、親指で蹴る

歩く姿勢に意識を向けると、日ごろ使っていない筋肉が反応してくれます。そして、エネルギーを消耗してくれますので、より効果的にウォーキングダイエットを行うことができるのではないでしょうか。


<歩幅の目安>

歩幅の目安として、「身長×0.45が目標の歩幅」となっています。

例えば、身長160cmの人なら72cmとなります。皆さんの場合は...?


<ウォーキングの速度>

だらだら歩いていても仕方ありません。ウォーキングをしようと思うのであれば、いつもより早いスピードで歩きましょう。早いスピードとは、1キロを10分から15分で歩くくらいの感じです。


<ウォーキングの時間>

ウォーキング時間は、まず1日15分ぐらいから初めていき、徐々に長くしていきましょう。脂肪燃焼が始まるのは有酸素運動を開始して20分後ぐらいになりますから、最低20分は止まらないようにしましょう。


<時間帯>

ウォーキングはどの時間帯に行っても大丈夫ですが、可能であれば毎日同じ時間帯で行うようにしましょう。朝食前か夜のがいいですね。もし夜にウォーキングを行うのであれば、寝る2時間ぐらい前までには終わるようにします。あまり運動をしてしまうと、寝付けなくなってしまうからです。

<クールダウン>

ウォーキングを開始する前と終わった後は軽いストレッチをしましょう。緊張した体や筋肉をほぐしてあげるようにしないと疲労が残ってしまうからですよ。ウォーキングは足だけ使っていると思っている人も多いようですが、全身の筋肉をつかっていますから全身のストレッチをすることが大切です。

<水分補給>

水分補給は欠かさずに行いましょう。早めのスピードで歩いているわけですから、汗もかきます。つまり、体から水分が出ているということです。脱水症状が起こらないように、15~20分くらいの間隔で定期的に水分を摂るようにしましょう。飲むのは水です!冷たすぎる飲み物を飲んでしまうと、体が冷えてしまいます。


・さいごに

当たり前のことですが、ウォーキングダイエットも継続することに意味があります。ただ歩くだけであっても、それは立派な運動になります。その運動が億劫になって、途中で挫折する人もいますので、挫折しないように工夫しながら行うようにしてください。ただ、体調不良などの時に無理はしてはいけませんよ。毎日できないのであれば、週に2~3回でも十分だと思います。


足指を優しく開いて外反母趾を保護するケアリング

m010152 (2)

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)