ダイエットしてもなかなか痩せないという人は、もしかしたら体が冷えているのかもしれません。冷えは万病のもとと言いますが、冷えと太るにはとても深い関係があるんですよ。冷えを解消させたら、驚くほど痩せたという人もいますので、ぜひ冷え性を改善するようにしてくださいね。

 

  • 冷え太りとは?なぜ冷やすと太る?

冷え太りとは、冷えのせいで太ってしまうことを言います。では、なぜ冷やすと太るのでしょうか?まず、代謝が下がり痩せにくい体質になってしまうからです。体を冷やしてしまうと、血行が悪くなります。そうなると、全身に熱や栄養がいきわたらず、末端神経が冷えてしまうのです。もちろん寒さだけではなく、運動不足による筋力の低下、キツイ下着の締め付けなども原因で血行不良がおきますので、注意しなければなりません。

  • 運動すればいい?

冷え性の人がいきなり運動を始めても、すぐには代謝をよくすることはできませんよ。基礎代謝の低い身体で運動を始めても、基礎代謝の高い人ほどにはエネルギーを消費できないからです。ですから、まずは、血の巡りを改善することから始めていきましょう。

  • 冷え性はその他にどんな悪影響を及ぼすか?

1.下半身がむくむ

冷え性の人は、下半身がむくんでしまうという傾向があります。むくむということは、美脚まで損なってしまうというわけですね。

2.脂肪やセルライトができる

冷えた部分は脂肪がつきやすくなりますので、脂肪やセルライトの温床に繋がってしまうでしょう。

3.便秘

寒くなると便秘がちになるという人は、確実に冷え性に陥っていますね。腸の動きが鈍くなっていますので、便秘になるわけです。

  • 冷え太りしやすい部位とは?

冷え太りしやすい部位は、

・お尻

・二の腕

・太もも

・ふくらはぎ

です。

ちょっと考えてみましょう。どこも太って気になる部位だということに気づきませんか?

  • 冷え太りにならないための方法

1.ゴキブリ体操

脚のむくみや手足の冷えを30秒で解決してくれると話題の「ゴキブリ体操」
ネーミングは最悪ですが、これがまたすごい効力を発揮します。

①仰向けになり両腕、両脚を天井方向に伸ばす。

②そのまま30秒間、手足を小刻みに振動させる。

たったこれだけの運動ですが、手足の毛細血管を刺激できる優秀な体操となります。


2.入浴

冷えを解消させるには、体を温めるのが一番です。ですから、湯船につかりましょう。

3.靴下をはく

靴下を履いて、足元を冷やさないようにすることも、冷え性対策になります。

  • 内臓を冷やさないようにしよう

内臓を冷やさないようにするための方法がいくつか紹介されていますよね。例えば以下のようなものです。

・朝起きぬけに冷たい水を飲む

・生野菜やスムージーで食物繊維を摂る

内臓型冷え性の人は、とにかくお腹を温めることが大切です。腸モミマッサージや湯たんぽでお腹を温めたりするのもいいですね。

 

  • さいごに

冷え太りする理由がおわかりになったかと思います。冷えはダイエットに影響を与えるだけではなく、その他の不快症状にもつながりますので、体をしっかり温めるようにしてください。冷えを解消させる方法は全て簡単なものばかりです。とにかく「温めればいい」だけなんですから、頑張ってくださいね。冷え性改善を始めて、早い人で1か月以内で効果が出てくると言われています。1か月そこらで代謝のいい体を手に入れられるなら、全然平気ですね!


【美的すっぽんコラーゲン】

150912155989-thumb-815xauto-19286

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)