11月29日は「いい肉」の日!
お肉が大好きな筆者にとっては嬉しい日です(笑)

えっ!!太るからお肉は食べない?お野菜やフルーツばかり食べてるって!?
そんな方は注意が必要です・・・。

肉類に豊富に含まれているタンパク質は、「美しく健康な身体」をつくるために必須の栄養素。
極端な食事制限ダイエットや偏った食事で、タンパク質が不足すると、「美容・ダイエット・健康」に大きなダメージを与えてしまいます!

今回は、栄養が不足しがちなダイエッターこそ積極的に摂りたい「タンパク質」について紹介します。
綺麗に痩せたいという方必見です。

【タンパク質とは】

人間の身体は約70%が水分、約20%がタンパク質でできています。
タンパク質は、お肌や髪の毛、爪、筋肉、歯、臓器、骨…など、いろんな身体の組織や、ホルモン、免疫物質などを作り出すとても大切な材料です。
お肉やお魚、乳製品などの動物性タンパク質は、高カロリー&高脂肪で太りそうなイメージがあり、ダイエッターは敬遠してしまいがちですが、タンパク質が不足してしまうと大変なことになってしまいます…。

【美容への影響】

お肌を形成するタンパク質が不足すると、肌荒れやハリ・ツヤ不足、たるみやむくみ、肌老化など、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。
さらに、髪の毛が痛んだり(パサつき、枝毛、抜け毛)、爪が弱くなる「爪割れ」の原因にも。
いくら綺麗なヘアメイクやネイルで飾っても、土台のお肌や髪、爪がボロボロでは魅力も半減してしまいますね・・・。

【ダイエットへの影響】

タンパク質は筋肉をつくっているので、タンパク質が不足すると体内の筋肉量が減ってしまいます。
すると、基礎代謝量や消費エネルギー量も低下!脂肪が燃焼されにくくなり、「太りやすく痩せにくい身体」に。

さらに、筋肉が減ることで身体が緩み、締まりのないスタイルになってしまいます。
引き締まったメリハリボディに筋肉は欠かせません。がんばって食事制限したはずなのに、これでは逆効果ですよね。

【健康面への影響】

免疫力や抵抗力の低下、体調不良、疲れやすくなったりホルモンバランスが乱れたりと、健康面にも悪影響を与えてしまいます。
たとえ体重が減ったとしても、不健康なルックスでは美しく見えませんものね。

【タンパク質が多く含まれる食品】

肉、魚、卵、乳製品、大豆など。
タンパク質の一日の摂取上限は「体重1kgあたり約1g程度」です。

(例)体重50kgの方は一日50g程度☆
過剰摂取は肥満の原因になりますし、身体(内臓)に負担をかけてしまうので注意が必要です。

どうしてもお肉のカロリーや脂質が気になるという方は、ささみやモモ肉、ひれ肉、赤身肉などを選ぶようにしてみてください。
オススメの調理法は、網焼きやしゃぶしゃぶ。食材の脂が落ちるので、その分カロリーが抑えられます♪付けダレもポン酢などのさっぱりした物を選びましょう。
逆に、カツやフライなどの揚げ物は高カロリーになるので、ダイエット中は避けたいところです。

【終わりに】

綺麗になろうとダイエットしたのに、見た目がボロボロになってしまっては本末転倒・・・。
タンパク質が豊富な食物を食べることは、「美しく健康な身体」を作るためにとても大切なことです!!
さらに、タンパク質以外の栄養素も不足してしまうと、場合によってはダイエットのスピードや効果を下げてしまうことに繋がります。
「タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・食物繊維」の六大栄養素を、バランスよく摂るような食事を心がけましょう。
上手に美味しいものを食べて、「美しく健康な身体」をつくりましょう♪


いつまでもキラキラと輝いていたい女性のための隠れ家サロン☆private salon~&k
大阪千里中央のフェイシャル・痩身・ボディートリートメントサロン。女性専用・完全予約制。
プライベートサロンだからできる、高品質&リーズナブル価格なサービスが魅力的♪一人一人のお客様と向き合い、結果を出すことにこだわっています。
女性の「いつまでも美しくありたい」という願いをサポートいたします♡



93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)