コーヒーをよく飲むという人は、1日のうち、結構多めに飲むことが多いのではないでしゅおか?コーヒー好きであれば、「何か飲みたいな」と思ったときに選ぶ飲み物も自然とコーヒーになっているのでは?
実は、このコーヒーには、ダイエット効果もあるって知っていましたか?


コーヒーダイエットとは?なぜ痩せるのか?
コーヒーにダイエット効果があると知っている人はすでに始めているかと思いますが、その名の通り、「コーヒーダイエット」というものです。

コーヒーには、ストレス削減、心臓強化作用、ガン抑制効果、デトックス効果、血流促進、認知症予防、動脈硬化予防、糖尿病予防、などの効果があり、筑波大学の研究では、コーヒーを1日3杯飲んだグループが、飲まないグループよりも脂肪燃焼量が約2倍に高まったという結果報告が出ています。

ここまで読んでいただけた方はもうわかったかと思いますが、コーヒーには脂肪代謝を促進させる効果があるということです。その理由は「カフェイン」なんですよね。


コーヒーダイエットの正しいやり方とは?
では、実際にコーヒーダイエットとはどうやったらいいのかご説明いたします。ダイエットで効果的にコーヒーを飲む方法は、以下のルールを守ってください。

1.ブラックで飲む。
2.ホットで飲む。
3.1日に3杯くらいにする。
4.運動する前に飲む。
5.コーヒーを飲まない日を作る。

ということです。簡単ですよね?
でも「なんでコーヒーを飲まない日を作らなきゃいけないのか?」とちょっと疑問に思った人はいませんか?実はですね、コーヒーに含まれるカフェインの効果は、毎日飲み続けると、薄れてしまうからなんですよ。ですから、週に何日かはコーヒーを飲まない日を作るようにして、3.の”1日に3杯くらいにする”ようにするようにしてください。

週に何日か飲まないなんて無理!という人は、せめて1日でも飲まない日を作るようにしましょう。

【ブラックで飲まなきゃいけない理由】
それは、コーヒーにミルクや砂糖を入れてしまうとカロリーが多くなってしまうからです。ダイエットをしているのに、カロリーを多くしてしまったら意味がありませんよね。

【ホットで飲む理由】
カフェインの脂肪を分解する効果を高めるためです。アイスだと体を冷やしてしまいます。

【運動する前に飲む理由】
カフェインには脂肪を分解して血液中に脂肪を出してくれる効果があります。コーヒーを飲んでその様な状態の時に運動をすることで、脂肪を燃やすことができるでしょう。


注意ポイント!
カフェインの摂取量の上限は1日に300~350mlと言われています。コーヒー1杯は、濃さにもよりますが、だいたい150ml前後のカフェインが含まれていますから、3杯位以上飲んでしまうと、飲み過ぎになってしまいますよ。

また、カフェインには覚醒作用があることは知られていますよね?もし夜飲んでしまうと眠れなくなるといったこともあります。睡眠不足は太りやすい体質にしてしまいますので、飲むなら寝る前を避けることですね。夜更かしをしてしまうと、正常な新陳代謝は行われません。新代謝を行うエネルギーが小さくなってしまわないように、きちんと寝て、適量を守ってコーヒーを楽しむようにしてくださいね。

なお、一番注意すべき点は、コーヒーだけ飲んでいたら大丈夫という考え方。ドカ食いしてたら、そりゃあコーヒーを飲んでいるからって痩せませんよ!




珈琲
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)