痩せていることをキレイな体だと思っている人は多いですよね。しかし、痩せている人は、あまり魅力的には見られないんですよ。痩せていると女性らしさも半減しますし、見た目もきつく見られてしまいます。
できることなら、つくとこにはきちんとお肉がついている体になって、正真正銘の「キレイ」を手に入れましょう。

●逆ダイエットのメリット紹介

そもそも痩せているとどんな風に見られるのか知っていますか?

・ガリガリで貧相に見える
・表情が暗く見える
・老けて見られる
・貧乳、女性らしさが無い
・体力が無い 

などが挙げられますが、確かにそうだと思いませんか?逆ダイエットをした場合、上記のような印象は消えます。つまり、逆ダイエットのメリットは、元気に、そして若々しく見えて、活力が溢れた印象を与えることができるようになるのではないでしょうか!

●逆ダイエットのコツ

逆ダイエットをする際のコツをご紹介します。

まず、大切なのは「食事」です。食事をしないと逆ダイエットはできません。
もともと痩せている人は、食べることに執着があまりありません。一食くらい食べなくても平気だったりしますからね。

美しく太りたい、逆ダイエットしたいなら、定期的に食事をとることが必要です。定期的に必要な栄養を補充しないと筋肉が痩せてしまいます。脂肪も減ってしまいます。
朝は食欲が無いからいつも抜いているという人は、きちんと朝から食事をするようにしてください。ご飯などを食べることができないなら、せめてフルーツなどでも口にするようにしましょうね。

●痩せているから太りたい人は2パターン

痩せているため太りたいと思っている人は、だいたいが以下の2パターンに分けられるでしょう。

・痩せていて体脂肪率が低い

こういう人は、意識的に炭水化物を多く、カロリーを多めにとることが大切ですね。
とはいっても、お菓子や甘いパンなどはオススメできません。ゆっくり消化され、エネルギーとなるご飯をゆっくりと良く噛んで食べるようにしましょう。

・痩せているのに体脂肪率が高い

こういう人は、タンパク質の不足が考えられますから、赤身の肉や魚、乳製品などを多めに、お菓子やパンを少なめにして筋肉の材料となるタンパク質を摂取するようにしてください。

この2パターンの両方に必要なのが、生の食品です。酵素を多く含む生野菜や刺身を食事の中で増やし、消化吸収力を高める必要がありますよ。いきなり色々と食べられないのであれば、回数を増やしていくようにすることがポイントです。

●逆ダイエットの正しいやり方

逆ダイエットのやり方ですが、ただ太るだけではいけません。太る…というよりも、女性らしい体を作る必要があります。そうなるためにはタンパク質がカギを握ります。1日3食にたんぱく質を意識した食事を取るようにしましょう。

【オススメ食材】
緑の野菜・生もの・ヨーグルトや豆乳・脂身の少ない魚や肉

【オススメできない食材】
牛乳、生クリーム、バターといった乳製品・脂身の多い肉・マヨネーズや白濁したドレッシング・揚げ物

●脂肪をつけるのではなく、筋肉を付ける

脂肪をつけるというよりも、美しい筋肉をつけることを意識するといいですね。筋肉の付け方のポイントは、以下です。

・骨盤の運動

フラフープを回すようなイメージで、腰に手を当ててゆっくりと右へ10回、左へ10回を朝晩など1日2セット行います。骨盤の運動は、体型作りの源となると思いましょう。骨盤はそれだけ重要なものとなります。

・姿勢を正しくする

痩せている方は全体的に筋肉も少なく、猫背など姿勢も悪い方が多いでしょう。普段の生活の中でも鏡を見て左右肩の位置は平行か、まっすぐと立っていることを常に意識をします。

・適度な運動

全身の適度な運動をして、全体的にバランスよく筋肉を付けていきましょう。

時間がない女性は運動を無理する必要はないと思います。ですが、自宅でできる簡単なエクササイズをやるくらいはしたほうが健康のためにもおすすめですよ!



2bce84c26c48817d5897d2957a597049_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)